こんちわ。戦国おやじです。

 

今週の市場は、多少リスクオフの方向に動きました。

 

米国の中国に対しての関税措置発動を10月1日~10月15日に延長し、トランプ大統領がFRBに対し、政策金利の引き下げに言及したことによる影響かと思います。

これにより円安に振れ、EUR/PLNも下降していきました。

 

来週は、FOMCがあり、市場は-25bpの利下げはすでに織り込んでおり、関心は年内に2回の利下げが示されるかに注目が集まっています。

 

FOMC次第で、また市場が荒れることもありますので、十分に気を引き締めていく必要があります。

 

逆に年2回の利下げが示唆されれば、更なる株高・円安に振れる可能性もあります。

 

EUR/PLNに目を移すと、先週に引き続き大幅に下降してきました。

 

EUR/PLNが下降すると、為替益が増えるので、ズロチ/ユーロのポジション形成している方にとってはまずまずの1週間だったと思います。

 

為替損益はプラスの方がいいですが、ズロチ/ユーロのスワップサヤ取りは、長期にわたりスワップポイントを獲得しつづけることが目的なので、為替が上下するより、安定していることの方が、安心してポジション形成を維持できます。

 

さて、今週のズロチ/ユーロのスワップサヤ取りは、いったいどうだったでしょうか?

 

管理人のポジションを参考にしながら振り返ってみましょう。

 

今週は、やっとEUR/PLNが下降したので、ズロチ/ユーロのスワップサヤ取りをしている方は、為替損が減たり、ポジションによっては大幅な為替益がでている状態だと思います。

 

ただ、平均的に見るとEUR/PLNはまだ高い値をつけている状態なので、ポジション決済しようとしている方は、まだ、時期ではありません。

 

長期の運用で、スワップポイントを得ようと考えている管理人にとって、為替の動きは、乖離が大きくなっていないかが重要なので、為替損益はあまり気にしていません。

 

万が一、為替によりユーロとズロチの値動きに乖離が大きくなり、EUR/PLNが4.3以上の場合は、ポジション形成のチャンス到来と捉えて問題ないと思います。

 

先週、スワップポイントの付与が大幅に減っていることを報告しましたが、今週は、わずかに回復してきました。しかし、管理人がポジション形成したころのスワップポイントまでには回復していません。

 

ズロチ/ユーロのスワップサヤ取りは、スワップポイントがしっかり付与されることが前提で運用しているので、スワップポイントの付与が減るのは、根底が崩れてきます。

 

ただ、スワップが回復傾向にあるので、少しほっとしました。

 

安全資産として欠かせないズロチ/ユーロのスワップサヤ取りですので、このままスワップポイントが回復していくことを祈るしかありません。

 

スワップポイントが低いままですと色々と対策も考えていかなければなりません。

 

スワップポイントの付与度なども含め、管理人のポジションを参考にしながら振り返ってみましょう。

 

EUR/PLNのスワップサヤ取りをこれから開始しようと思っている方は、先週よりEUR/PLNが下降したとはいえ、まだまだEUR/PLNが4.3を大幅に上回っていますので、絶好のポジション形成のチャンスです。

 

ポジション形成した後は、特にすることもないので、1週間に1回、スワップポイントに変動がないかチェックする程度で、仕事をしている方にも向いている投資法だと思います。

 

管理人は、EUR/PLNが4.3の時にポジション形成したFXプライムbyGMOの方に、念のために40万円を口座に追加し、万が一の暴落に備えましたが、EUR/PLNがもう少し下落したら、40万円は口座から引き出します。

 

ズロチ/ユーロのサヤ取りの魅力

何といってもズロチ/ユーロのサヤ取りの最大の魅力は、リスクは限りなく低いのに、年利11.5%以上の利益を出せる投資法だということです。

 

しかも、毎日チャート見たり、分析をする必要がないのも日中忙しい方や投資初心者の方でも取り組みやすい投資法です。

 

さらに長期積立て投資すると20年で、元本(20万円~200万円)にもよりますが単純利回りで27%~44%の利益がでる計算になります。

 

寝かせている資金があれば、ズロチ/ユーロのサヤ取りで運用してみるのもよいと思いますよ。

 

少しでもズロチ/ユーロのスワップサヤ取りの興味がある方はコチラもお読みください。

 

 

今週の各FX業者のズロチ/ユーロのスワップポイント

スワップポイントは、FX会社の都合で変更になることがあるので、自分が利用しているFX業者のスワップポイントは1週間に1度はチェックする必要があります。

 

各FX業者のズロチ買い/ユーロ売りのスワップポイント

日付け FXプライムbyGMO GMOクリック365
9/9 8円/-3円 11円/6円
9/10 8円/-3円 10円/8円
9/11 8円/-3円 41円/51円
9/12 32円/0円 7円/2円
9/13 8円/-3円 0円/0円

*各スワップポイントは1万通貨あたりのスワップポイントとなります。

 

今週も合計スワップポイントは、GMOクリック365の方が上回っていました。

 

FXプライムbyGMOのスワップポイントもくりっく365のスワップポイントも先週に比べべれば回復していきています。今後も要チェックです。

 

現在運用中の証券会社のスワップポイントが突然、変更になることもあるので、ズロチ/ユーロのスワップサヤ取りを運用している方は、自分の利用しているFX業者以外にも2番目にスワップポイントが高いFX業者もマークしておく必要があります。

 

今週のFXプライムbyGMOのスワップポイント(元本20万円1セットの場合)

●ズロチ(買い):64円×4.3=275.2円

●ユーロ(売り):-12円×1=-12円

1週間の合計スワップポイント:263.2円

 

今週のくりっく365のスワップポイント(元本20万円1セットの場合)

●ズロチ(買い):69円×4.3=296.7円

●ユーロ(売り):67円×1=67円

1週間の合計スワップポイント:363.7円

 

管理人の今週の為替損益とスワップポイント

FXプライムbyGMOのズロチポジション

 

くりっく365のズロチポジション

 

FXプライムbyGMOのユーロポジション

 

くりっく365のユーロポジション

 

管理人はズロチ:ユーロ=4.3万通貨:1万通貨の割合でポジション形成しており、1セット20万円~24万円でポジション形成できれば、必要保証金による強制決済は避けれると考えています。

 

現在の管理人のポジション数は、FXプライムbyGMOとくりっく365の合わせて20セットです(1セット20万円で20セットポジション)。

日付け 元本 ズロチスワップ ユーロスワップ 為替損益 ポジションセット数
3/1 200万 68,291円 3,663円 +3,290円 10
3/8 200万 72,806円 3,903円 +6,290円 10
3/15 200万 77,321円 4,143円 +16,090円 10
3/22 200万 81,836円 4,353円 +13,590円 10
3/29 200万 86,351円 4,473円 +3,820円 10
4/5 200万 90,866円 4,663円 +40,940円 10
4/12 200万 95,381円 4,803円 +74,060円 10
4/19 200万 99,896円 5,063円 +65,600円
10
4/26 200万 106,819円 5,373円 +13,410円
10
5/6 200万 106,819円 5,373円 +68,510円
10
5/10 200万 111,334円 5,463円 +22,470円
10
5/17 200万 115,849円 5,733円 -6,280円
10
5/24 200万 120,364円 6,023円 +34,930円
10
5/31 200万 124,879円 6,233円 +63,880円
10
6/7 200万 129,394円 6,253円 +125,720円
10
6/14 200万 133,909円 6,283円 +135,530円
10
6/21 200万 138,424円 6,383円 +140,960円
10
7/5 200万 147,454円 6,383円 +147,090円
10
7/12 200万 151,969円 6,383円 +99,240円
10
7/19 200万 156,484円 6,183円 +149,340円
10
7/26 200万 160,999円 6,233円 +82,240円
10
8/2 200万 165,514円 6,233円 -10,010円
10
8/9 200万 169,384円 6,333円 -50,150円
10
8/16 400万 173,770円 6,543円 +8,480円
20
8/23 400万 175,576円 7,373円 -210,050円
20
8/30 400万 183,445円 8,213円 -188,440円
20
9/6 400万 188,348円 8,993円 -1,450円 20
9/13 400万 193,722円 9,573円 70,300円
20

 

今週のズロチ/ユーロ損益

●スワップ合計:203,295円

●為替損益:70,300円

●合計損益:273,595円

 

今週の合計損益は、先週より大幅にアップしました。

 

EUR/PLNが大幅に下降したことが大きな要因ですが、気がかりだったスワップポイントの付与度は先週に比べ回復したきたことはよい兆候です。

 

為替損益が、マイナスになる分には、世界情勢によりありうることなので、仕方がないとしても、スワップポイントが大幅に減ると、スワップサヤ取りの根底が崩れてしまいます。

 

長期でサヤ取りをしていくには、何よりもスワップポイントが重要ですので、今後も、スワップポイントの変動には注意が必要です。

 

EUR/PLNの動き

EUR/PLNの動向を確認することで、ポジション解消(利益確定・損切り)を検討する目安としています。

 

新たにポジション形成しようと思っている方は、EUR/PLNが4.3以上になったらポジション形成するとよいと思います。

 

今週のEUR/PLNは、やや落ち着いた感はありますが、未だ4.3以上をキープしていますので、ポジション決済を考えている方は、今しばらく待った方がよいですね。

 

まだ、ポジション形成していない方は、EUR/PLNが4.3以上が続いているので絶好のチャンスです。

 

このポジション形成チャンスに是非、ズロチ/ユーロのスワップサヤ取りに取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

またいつEUR/PLNが4.3以下になるか、かわからないので、ポジション形成できるチャンスの期間にチャレンジしてみてください。

 

日付け EUR/PLNレート
9/9 4.3325
9/10 4.3320
9/11 4.3395
9/12 4.3365
9/13 4.3233

 

ポジション形成している人は、EUR/PLNが高くなると含み損が増えてきますので、口座の必要保証金の維持率に注意を払う必要があります。

 

管理人も念のために、EUR/PLNが4.3の時にポジション形成したFXプライムbyGMOの口座に40万円を追加していましたが、だいぶ落ち着いてきたので、そろそろ40万円を引き出そうと思っています。

 

維持率が150%を切ってきたら、資金追加などしてポジション解消にならないようにしましょう。

 

ズロチ/ユーロのサヤ取りは、スワップポイントを獲得しつづけることが重要です。

 

十分なスワップポイントを獲得する前にポジション解消になってしまうと、長い間運用してきた意味がなくなりますので注意してくださいね。

 

まとめ

今週もEUR/PLNが下降してきたので、為替損益等が少し落ち着いてきました。

 

また、スワップポイントも多少回復してきたことは喜ばしいことです。元のスワップポイント付与度に戻ってほしいものです。

 

サヤ取りは、スワップポイントが安定的に付与されることが重要ですので、このままのスワップ付与度が回復すると安心してポジションを維持できます。

 

スワップポイントはFX業者に依存しているので、スワップポイントに大きな変化があれば根幹が崩れてしまいますので、皆さんもポジション形成する際は、2社で考えてみるものよいかと思います。

 

ズロチ/ユーロのサヤ取りの目的は、安定的にスワップを積み上げていくことですので、基本的には、為替による損益は無視して大丈夫です。

 

いずれ為替は安定していきます。

 

ある程度の期間、ポジションを維持していると、積みあがったスワップポイントにより、額面上の損はだいぶ相殺されますので、見た目も安心できます。

 

とにかく為替損益はあまり気にしないようにして、じっくりとスワップポイントが積みあがるのを待ちましょう。

 

特に何もしないでもスワップポイントは着実に増えていきますので、株式投資や仮想通貨の運用なのであまりうまくいっていない方は、年利11.5%以上になるズロチ円/ユーロ円のスワップサヤ取りを検討してみる価値はあると思います。

 

長期的な投資法としてはかなり魅力的だと思います。

 

しかし、世界情勢によっては急激にレートが動くことがありますので、たまに為替の動きと必要保証金の維持率もチェックしておく必要があります。