株を始める際に、どのような株を買ったらよいか?

 

投資初心者には何を基準に選んだらよいか、わからないのですよね。

 

管理人の株式投資の入口は、IPOでした。

 

IPOは、あまり考えずに大きな利益を得るチャンスがある、初心者でも比較的取り組みやすい投資法です。

 

IPOを詳しく知らいたい方はコチラもお読みください。

 

IPOで株の面白さを知った管理人は、そこから株式投資にはまったわけですが、ものすごい儲かっているわけではありません(損もしていません)。

 

しかし、早期リタイヤを目指している管理人としては、何とか自分のトレードスタイルを見つけたいと思っていますが、いまだに模索・勉強中です。

 

その中で、低位株というものに目がいきました。

 

管理人の勉強も兼ねて、低位株について調べていきたいと思いますので、管理人と同じように投資初心者の方は、お付き合いください。

 

 

     低位株とは何?

 

 

低位株とは、株価水準の低い株のことで、「ぼろ株」・「くず株」などと呼ばれることもあります。

 

ひっどい呼ばれ方ですよね。こんな呼ばれ方をする株に投資して大丈夫なの?

 

管理人も正直わかりません。それをこれから勉強していきます。

 

低位株の基準は特にないようですが、一般的に500円以下の株価の株をいうことが多いようです。

 

100株単位で株を購入することが多いので、1株500円なら50,000円で100株購入することができます。

 

少ない資金でも投資ができるので、投資初心者であまり資金がない人でも投資を始めることができます。

 

 

     低位株のメリット

 

 

低位株は安いので、少ない軍資金で投資できる。

株初心者の多くは、軍資金が少ないので、東証1部のメジャー企業の株を購入しようと思っても、資金が足りない場合があります。

 

また、高値の会社の株1つをがんばって購入してしまうと、その会社への依存度が高く、益を得るにも、損をするにしても、その会社1社のみの影響で、自分の資産が左右されます。

 

低位株ですと、軍資金によっては、いくつかの会社の株を保有することができますので、1社への依存度も減り、資産を分散することができ、リスク回避にもなります。

 

一気に資金を増やすチャンス

低位株の最大の魅力は、好材料がでると、株価は一気に上昇します。

 

材料によっては、中長期で大化けする可能性もあります。

 

500円の低位株を100株購入し、好材料が出ると数日で株価は1,000円くらいにすぐになってしまうことはよくあります。

 

つまり、5万円で買った株が数日で10万円となるので、5万円の利益となります。

 

仮にその低位株を200株もっていたら、数日で15万円の利益となります。

 

低位株は、材料次第ですぐに2倍程度の株価をつけることはよくあります。

 

少ない資金で、大きな利益を出せるなんて非常に魅力的ですよね。

 

利益で増えた資金で東証1部のメジャーな会社の株を購入したり、さらに低位株を購入することもできます。

 

じっくり選んだ株なので、思い入れもあり、楽しい

低位株は、あまりメジャーではない会社が多いです。

 

すごい技術を開発途中の会社が低位株の場合、開発した技術が世の中に認めれた場合は、株価はうなぎ上りとなります。

 

低位株の会社のことをよく調べ、新たに開発している技術やサービスに目を付け、購入した会社の株価が世の中に認められた時は、利益を得られる喜びと同時に親心的な喜びも感じます。

 

しかし、実際にはシビアにいかなければ自分の大切な資産に影響がでますので、株価が上がったら売る、下がったら損切りする。

 

どんなに思い入れがあっても、そこはシビアにいくべきかと思います。

 

 

     低位株のデメリット

 

材料がでると値動きが大きい

何か好材料が出た時は、一気に株価が上昇するし、逆に悪材料が出ると一気に株価は下落します。

 

この材料による株価の上下は、低位株の醍醐味かもしれません。

 

株が上昇中に買おうと思っても、一気に上がるので中々指値が刺さりません。

 

低位株を材料が出る前に、仕込んでいた人のみが味わえる喜びです。

 

逆に低位株を何カ月前から仕込んでいたのに、悪材料で一気に株価が下落し、売ろうにも下落のスピードが速すぎて、刺さらず損することも十分考えられます。

 

ギャンブル性があるのが低位株です。

 

しかし、元々株価が低位ですので、株価が下落しても、限度がしれています。

 

逆に、材料によっては、上値への幅はとても大きくなる可能性はあります。

 

 

業績の悪い会社の株なども低位株として存在する

業績が悪く株価が安い場合は、その会社が倒産したり、上場廃止になるおそれがあるので、手を出してはいけません。

 

何故、低位株なのか見極めなければなりません。

 

 

流動性がない

人気がなく、低位の場合、材料がない時は、株価はほとんど動きません。

 

自分が目標とする株価に達するまで時間がかかり、その間、資金拘束され、他の投資ができない可能性もある

 

誰も注目していないので、希望価格で指値をしても全く刺さらないこともあります。

 

 

 

     低位株の選び方

 

どのような銘柄の低位株を選んだらよいか?

 

低位株あれば何でもいいわけではありません。

 

自分が買った株の会社が潰れたり、上場廃止になっては資産がパーです。

 

自分なりの基準をしっかり決めて、どの会社の株を購入するか決めていきましょう。

 

時価総額の低い株を選ぶ

時価総額とは、ある上場企業の現在の株価に発行されている株を掛けたものであり、企業価値を評価する際の指標です。

 

時価総額が300億円以下、できれば150億円以下がベストです。

 

 

株価が500円以下の株を選ぶ

いくらくらいが低位株という基準や定義はありませんが、概ね200円~500円位の価格帯の株を低位株と呼ぶことが多いです。

 

100円以下の株になると超低位株などと呼ばれることもあります。

 

低位株の特長は好材料などにより、ある日突然株価が上昇します。

 

●株価が上がる要因

・業績の上方修正

・IRの発表

・仕手筋による仕掛け

 

 

500円以下の低位株を購入し、好材料が出るのをじっと待ち、材料によって大きく株価が上昇した時に売るのが低位株の醍醐味かと思います。

 

 

割安な株を選ぶ

PER 株価÷1株利益

PBR 株価÷1株当たりの資産

 

株式の平均がPERが15倍とされています。PBRは0.9から1倍が平均的です。

 

PER・PBRが低いほど割安株となります。

 

 

高収益の株を狙う

収益性が高さを示す指標にROEという指標があります。

ROE=純利益÷純資産

 

ROE10%以上なら良質の銘柄です。逆にROE7%以下はあまり望ましい銘柄ではありません。

 

 

RSIの指標を使う

銘柄の中でも売られ過ぎの低位株も狙い目です。

 

売ら過ぎなのか、買われ過ぎなのか数値で表してるのがRSIとなります。

 

RSIは0~100の数値で表され、100に近づくほど買われ過ぎのシグナルで、0に近づくほど売られ過ぎのシグナルとなります。

 

状況 RSI判定数値
かなり買われ過ぎ 80%以上
買われ過ぎ 71~80%
やや買われている 56~70%
売り買い均衡 45~55%
やや売らている 31%~44%
売られ過ぎ 20%~30%
かなり売られ過ぎ 20%以下

 

 

RSIが20%以下の銘柄を見つけ出すことできればチャンスかもしれませんね。

 

 

倒産リスクの銘柄は回避

営業キャッシュフローがプラスを維持してればまず倒産の心配はありません。

 

しかし、直近で営業キャッシュフローが連続でマイナスになっていなければ、キャッシュフォローが改善傾向なので投資候補としてもよいと思います。

 

低位株の選び方まとめ

・時価総額300億円以下

・株価500円以下

・PER(15倍以下)・PBR値(0.9以下)ができるだけ低い

・ROEが10%以上

・RSIが20%以下

・キャッシュフローがプラス

 

低位株の選び方の条件をスクリーニングし、当てはまる銘柄、もしくは条件に近い銘柄をピックアップしてみると、銘柄が絞られてくると思います。

 

 

    「低位株で儲かる」のまとめ

 

 

 

皆さんは、どのような銘柄を購入していますか?

 

もしくは、どのような基準で銘柄を選んでいますか?

 

今回は、低位株に注目してみました。

 

投資初心者の管理人は、投資スタイルが確立されていませんので、興味があれば色々な株に手を出してしまいます。

 

自分の投資スタイルや得意分野を作りたいと思い、低位株に注目しました。

 

低位株に注目した理由は、大きなリスクも怖いので、低リスクでハイリターンが望めそうだと思い、低位株に着目しました。

 

ベテラン投資家の皆さんには、低リスクでハイリターンなんて、そんな都合がよい投資方法はないよと言われると思います。

 

確かにそうなんだろうとは思います。

 

しかし、アドバイスしてくれる人もいませんので、痛い目を見ないと実感できないんです。

 

少しずつ色々な方法を模索していき、低位株が管理人に合わなければ別な投資方法を見つけていきたいです。

 

ますは、実践してから、結果を分析してみたいと思います。

 

管理人と同じように投資初心者の方は、どのような株を買ったらよいか悩んでいると思います。

 

低位株は管理人の案ですが、一緒に挑戦してくれる人がいると、管理人としても嬉しいです。