こんにちは。戦国おやじです。

 

9月は初値が高騰しそうなIPO案件が次々登場しています。

 

管理人のIPO案件の分析が遅れがちになっていますが、今後は、しっかりと分析レポートしていきたいと思います。

 

皆さんはIPOの抽選の方はいかがでしょうか?

 

中々、当選しないので嫌気がさしたり、飽きてしまったりする投資初心者の方もいるのではないでしょうか?

 

IPOは地道にブックビルディングを申し込んで、ひたすら当選するのを待つだけです。

 

IPO案件は、銘柄分析などもそれほど時間もかからず、売買テクニックも必要なく、大きな利益をあげることができます。

 

当選さえしてくれれば利益を得ることができるんですよ。

 

ちょっとの手間を惜しまず、この9月のIPOラッシュに波にのっていきましょう!

 

管理人は先日のand factoryに100株当選しました。結果は、公募価格が2,570円で初値が4,010円と思ったより高騰しなかったので、様子をみて4,600円時点でで売却しました。

 

結果、203,000円の利益が得られたことになります。

 

もう少し利益が欲しかったですが、あまり欲張ると失敗しますのでこのあたりで良しとしています。

 

何も難しいことや特別なことはしていません。ただひたすら諦めずに申し込んだ結果です。

 

IPOは投資初心者でも高確率で大きな利益を得ることができる投資方法です。

 

IPOが一つでも二つでも当選できたら、一気に個別株の負け分を取り戻すことができるだけなく、大きな利益を得ることができます。

 

管理人もIPO投資を始めたころは、全く当選せず、心が折れそうになりましたが、当選した時の喜びはこのうえないです。

 

また、1回当選すると、不思議なことに、時々当選するようになり、初めのころの全く当選しなかったことが嘘の様でした。

 

投資初心者でIPOが全く当選していない人も、諦めずにブックビルディングをコツコツと申し込んでくさいね。

 

IPOに関してわからないことがあれば、管理人で答えられることがあればお答えしますので、お気軽にお問い合わせフォームからご質問くださいね(その他の質問もガンガンしてもらって構いません。)

 

投資初心者みんなで利益をあげましょう!

 

では、今回ご紹介するIPO案件のアズーム(3496)について説明していきます。

 

最後に、管理人の当てにならない本気度予想をしていますので、見てくださいね。

 

アズーム(3496)は、東証マザーズの上場予定で、仮条件価格は3,000円です。

 

ブックビルディング期間は9月3日(月)~9月7日(金)で、上場日は9月20日(木)となります。

 

 

     アズーム(3496)はどんな会社?

アズームは、不動産×ITを軸に「世の中の遊休不動産を活用する不動産に」企業理念に掲げています。

 

当該理念を達成するため、空き駐車スペースの活用を起点に、遊休不動産の活用を事業として進めています。

 

駐車場は「月極駐車場」と「時間貸し駐車場」に区分されますが、アズームのサービスは「月極駐車場」に特化しております。

 

アズームはインターネット上にて、月極駐車場のポータルサイト「CarParking」及び東京23区内特化型の月極駐車場のポータルサイト「CarPark」(以下、総称して「カーパーキング」という)を運営しています。

 

アズームの主要サービスである駐車場サービスは、カーパーキングを経由して、駐車場の紹介を行う「月極駐車場紹介サービス」と、駐車場オーナーから空き駐車場を借り上げ、月極駐車場としてユーザーにサブリースを行う「月極駐車場サブリースサービス」を中心として事業を行っております。

 

「月極駐車場紹介サービス」は全都道府県を対象地区としており、「月極駐車場サブリースサービス」は現在、関東地区、関西地区及び九州地区を対象地区としています。

 

 

     主な事業内容

駐車場サービス

 

アズームにおいては、駐車場サービスとして「月極駐車場紹介サービス」及び「月極駐車場サブリースサービス」提供しており、これらがアズームの主要な収益源となっております。

 

1)月極駐車場紹介サービス

アズームが運営する月極駐車場のポータルサイト「カーパーキング」にて集客を行い、駐車場を紹介することにより、駐車場オーナー及びユーザーから手数料収入を獲得するサービスがあります。

 

最近4事業年度におけるアズームカーパーキングへの駐車場お問い合わせ件数及び事業年度末におけるカーパーキング掲載件数の推移につきましては、以下のとおりです。

 

なお、平成30年6月末における掲載物件情報数は47,767件であり、最新情報への更新を随時行っております。

平成26年9月期 平成27年9月期 平成28年9月期 平成29年9月期
年間カーパーキング問い合わせ件数 30,593 45,564 62,586 85,503
カーパーキング掲載件数 19,236 23,909 27,286 41,113

 

2)月極駐車場サブリースサービス

マンション及びオフィスに設置されている駐車場の空き区画を、オーナーからアズームが一括して借り上げ、「カーパーキング」等にお問い合わせをしてきたユーザーに対してサブリースを行うことにより、主に賃料収入を獲得するサービスであります。

 

最近4事業年度末におけるオーナーからの空き区画の借上げ実績及びユーザーへのサブリース実績につきましては、以下のとおりです。

平成26年9月期 平成27年9月期 平成28年9月期 平成29年9月期
マスターリース台数 802 1,606 2,951 4,706
サブリース台数 686 1,375 2,649 3,789
年間平均稼働率(%) 87 83 88 90

 

 

・その他サービス

時間貸し駐車場のポータルサイトである「コインパサーチ」、空き家に関する情報サイト「空き家ナビ」、屋外広告検索ポータルサイトである「アドウォール」、月極バイク駐車場のポータルサイトである「バイクル」等をリリースしており、各種サービスを提供しています。

 

 

     アズーム(3496)の情報・業績

アズーム(3496)のIPO上場規模は、最大で9.16億円であり、マザーズの中では小型案件の部類に入ります。小型案件であればあるほど、初値リターンはよいです。

 

オファリング・レシオ:21.8%でまずまずです。(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●主な株主とロックアップ状況

株主名 保有割合 ロックアップ
菅田 洋司 46.84%
株式会社パノラマ 28.58%
SMBCベンチャーキャピタル3号投資事業有限責任組合 4.37%
鈴木 雄也 2.98%
高橋 崇晃 2.90%
立川 健悟 2.62%
櫛田 邦男 2.54%
眞鍋 隆司 2.48%
有限会社ヒフミ・コンサルティング 1.59%
倉島 文雄 1.39%
高橋 祐二 1.12%

 

 

●アズームの業績

回次 第4期 第5期 第6期 第7期 第8期
決算年月 平成25年9月 平成26年9月 平成27年9月 平成28年9月 平成29年9月
売上高(千円) 244,876 319,697 510,167 803,725 1,220,525
経常利益又は経常損失(千円) -9,163 -29,343 -44,084 -27,623 29,992
当期純利益又は当期損失(千円) -10,858 -35,431 -49,608 -28,309 36,940
資本金(千円) 10,000 10,000 10,000 20,094 70,094
発行済株式(株)

普通株式

105 10,500 10,500 11,480 12,030
純資産額(千円) 611 -34,820 -84,429 -102,644 34,296
総資産額(千円) 113,926 139,055 121,641 159,506 357,403
1株当たり純資産(円) 5,820.25 -3,316.27 -8,040.92 -89.41 28.51
1株当たり配当額
1株当たり純利益又は純損失金額(円) -109,411.17 -3,374.48 -4,724.65 -25.72 31.96
自己資本比率(%) 0.5 -25.0 -69.4 -64.4 9.6
自己資本利益率(%)
株価収益率(%)
配当性向(%)
営業活動CF(千円) 37,921 61,729
投資活動CF(千円) -4,721 -12,277
財務活動CF(千円) -13,180 97,823
現金等残高(千円) 21,447 168,723
従業員数(名) 18 24 31 40 54

 

●取り扱い証券会社

主幹事:みずほ証券

SBI証券・東海東京証券・マネックス証券・エース証券・極東証券

 

 

     アズーム(3496)IPOのまとめ

業種は、不動産セクターですが、メインは月極駐車場をネットによる紹介サービス、月極駐車場サブリース等の遊休不動産の活用としうことで注目を集めそうです。

 

運用資金の用途は、遊休不動産活用事業の拡大のため、駐車場管理システムの増強、駐車場コンバーターシステムの開発及び駐車場サービス以外のシステム開発資金として、事業拡大のための採用費として、増加した人員に対する人件費として、さらにはカーパーキングのポータルサイトへの問い合わせ増加を図るための広告宣伝費として充当を予定しています。

 

業績は右肩上がりで、上場規模も9.16億円とマザーズとしては小型案件となります。オファリング・レシオ:21.8%(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)でまずまずです。

 

管理人としては、狙っていきたいIPO案件ですが、不安要素としては、上位株主にベンチャーキャピタルが存在し、55,000株にロックアップがかかっていないことと9月20日の上場日はテノホールディングス(7037)も同時上場のため、資金が分散されるのも気になります。

 

管理人の本気度

B

 

A:絶対ほしい

B:まあまあ欲しい

C:見送り

 

アズーム(3496)IPO情報のおさらい

●ブックビルディング:9/3(月)~9/7(金)

 

●上場日:9/20(木)

 

●想定価格:3,000円

 

●市場:東証マザーズ

 

●IPO規模:最大約9.16億円で、マザーズとしては小型案件

 

●オファリング・レシオ:21.8%

(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●取り扱い証券会社

みずほ証券(主幹事)・SBI証券・東海東京証券・マネックス証券・エース証券・極東証券