ついに南アフリカランドが7.1円を割りました。

 

今の勢いだと7.0円も割りそうです。

 

トランプ大統領の中国への追加関税で南アフリカランドは大きく下落し、さらに中国の報復報道により一段安となりました。

 

南アフリカランドが6円台をつけたのは、2016年になるので、それ以来の6円台をうかがう勢いです。

 

ここは、判断のしどころですね。

 

ポジション形成の絶好の好機ととらえるか?

 

まだ、底が見えないので、静観するか?

 

管理人は、中国の報復措置の発表がでたらポジション形成しようと思っていたので、7.15円で第1弾のポジション形成をしました。

 

理由は、一応、中国の報復措置で直近の悪材料が出尽くしたと考えたからです。

 

中長期では、エスコム問題・ムーディーズの格付けなどの悪材料を抱えていますが、短期で勝負と考えているので、ポジション形成してみました。

 

いったいどうなるか?

 

まさかの報復合戦になれば、6円前半も十分考えられます。

 

通常ランドは7円切るギリギリまでくると戻していくのが今までのパターンですが、今回はどうなるか?

 

ランドは少額資金で利益を狙えるのですが、下落スピードも非常に早いので、全力資金投入は避けた方がよいと思います。

 

もし、ポジションを形成するなら、段階的に買いで入るのがよいかと思います。

 

また、必ずロスカットラインを設定し、資金を口座に入れておく必要があります。

 

ちなみに管理人は5.4円まで耐えれる資金を入れています。

 

必要であれば資金追加も考えています。

 

南アフリカは、貿易相手国で中国に大きく依存している部分があります。

 

中国に悪影響がでるとかなり痛手となり、ランドにも大きく影響を及ぼします。

 

米中貿易摩擦がどのような方向に向かうのか注目しながら相場と向かい合いたいです。

 

今をチャンスと捉えるか危険と捉えるか分かれどころです。

 

自分なりに冷静に判断し、相場と向かい合いましょう。