こんにちは。戦国おやじです。

 

南アフリカランドスワップ積立てを一度、利確したのでお知らせします。

 

10月9日に24万ロットを7.55ランド/円でポジションし、11月29日に8.236ランド/円で利確しました。

 

スワップポイントは21,720円、為替益164,640円です。

 

数字だけみると上々の利益に見えますが、南アフリカランドスワップ積立ての本来の目的は、高スワップポイントを安定して得るためのインカムゲイン狙いでした。

 

ただ、管理人が想定していたよりも早く南アフリカランド値が上昇し、いったん利益確定することに決めました。

 

結局、これをやっては不労所得を安定的に得ることができないので、キャピタルゲインは狙わないことを強く誓って、南アフリカランドスワップ積立てを開始したはずなのに・・・・。

 

目先の利益に走ってしまい、長期目標がぶれてしまいました。

 

理由としては、CFD原油取引で大きな損失を出したので精神的な補填のためというのが大きいです。

 

管理人は、株取引・CFD取引・FX取引をしていますが、FX以外は足を引っ張るケースが多く、資金繰りのためどうしても損失を補填しなければいけませんでした。

 

やってはいけないことだとわかっていましたが・・・・

 

一から出直しです。

 

南アフリカランドスワップ積立ては悪くない手法だと思っていますので、また、ランドが下がってきたら参入します。

 

改めて現在の南アフリカの状況やスワップポイントの状況を確認し、いつでもスワップ積立てが開始できるように準備しておきます。

 

これから南アフリカランドスワップ積立てを開始しようという方もチェックしていきましょう。

 

現在の南アフリカランドの値は8.30ランド/円前後です。

 

ここ1ヵ月で7.5ランド/円から大きく伸びています。

 

南アフリカランドが伸びている要素

・南アフリカ政策金利が利上げ(6.5%6.75)

S&P社格付け(BBで据え置き)

・パウエルFRB議長による米利上げ終焉をほのめかす発言

 

上記の内容の他にも南アフリカランドを押し上げている要素はありますが、目立った値動きとして上記があげられます。

 

しかし、この効果がいつまで続くかわかりません。

 

米国の利上げが終了しても、米中貿易摩擦がいつ激化してもおかしくない状況は続いているわけで、特に中国と結びつきが強い南アフリカは、中国が大打撃を受けると大きな影響を及ぼす可能性がありますので注意が必要です。

 

また、S&P社の格付けは据え置きで無事通過しましたが、一番気にしなくてはいけないのが、ムーディーズの格付けです。

 

ムーディーズの格付けで格下げになんてなったら、南アフリカランドは大きく下落すると思われます。

 

ムーディーズの発表日は不明ですが、警戒が必要です。

 

現在ノーポジションの管理人は、ムーディーズなどの発表があり大きく値が動いた時がまた参戦するチャンスと思っています。

 

今度はしっかりとインカムゲインを狙った長期保有をしたいと思っています。

 

あらためて、南アフリカランドスワップ積立てについてチェックしていきたいと思います。

 

皆さんも参考にしていただければと思います。