戦国おやじです。

 

トランプ大統領やってくれましたねー!

 

南アフリカランドが7.3円台前半に急落です。

 

今朝2時頃、トランプ大統領が3000億ドル相当の中国製品に対し91日より10%の追加関税を発動すると発表しました。

 

これにより、どの通貨もパニック売りとなり、南アフリカランドも今朝方7.3円を切る状況となりました。

 

この状況は再びポジション形成のチャンスと捉えるべきか?判断の難しいところです。

 

米国の追加関税に対し、中国も何らかの報復措置を取ってくると考えられるので、その場合は、もう一段の下げも予想されます。

 

しかし、中国がすぐさまの報復措置発表をしなければ、ランド円もある程度、回復してくるので、せっかくのポジション形成チャンスを逃してしまうことになります。

 

まずは、中国の様子を見つつ、タイミングを見計らっていこうと思います。

 

管理人的には、買い増しを視野に入れながら、何回かに分けてポジション形成していこうと思っています。

 

前回6月にポジション形成したときは、7.3円でポジション形成しましたが、ちょっと早かった感じがしましたが、結果7月に中旬には7.7円台で利確できたので、まずまずだったと思います。

 

 

 

今回はできれば7.3円より下でポジション形成できればと思っていますが、どうなることか?

 

11月にムーディーズの格付け発表があるので、そこまではポジションを引っ張りたくありません。

 

理由は、おそらく格下げとなると見ているので、大暴落も考えられます。

 

格下げの織り込みが始まる前にはポジション決済したいと思うので、今回は、あまり長くポジションを維持するつもりありません。

 

サクッとポジション形成して、サクッと利確のイメージです(だいたい1カ月くらいのポジション維持期間と思っています)

 

という感じで、南アフリカランドの状況を見ながら、ポジション形成できればと思っています。

 

それにしてもトランプ砲は、やはり威力があり怖いですね。