本日の日経はまた方向感が出ない1日でしたね。

 

日米首脳会談の通商問題は、米側は2か国間協議をすすめたく、日本側はアメリカのTPP復帰を望むという展開で、両者の溝は埋まらない感じでした。

 

管理人としては、トランプ大統領が北朝鮮問題での拉致問題を日米通商問題の取引にされなくてよかったと思っていました。

 

また、トランプ大統領がFTA見直しを強引に迫ってくるのではないかと思いましたが、それも無く、無難に通過したのではないかと思います。

 

確かに、通商問題のアメリカがTPPに復帰するとかアルミ・鉄鋼の関税措置の撤廃などの約束を取り付けることはできませんでしたが、今回は、米朝首脳会談で、拉致問題についても触れるという確約を取っただけでも「よし」とすべきではないでしょうか?

 

爆弾発言が多いトランプ大統領に、日米2か国協議をする確約を取られなかっただけよかったと思います。

 

トランプ大統領と阿部総理の関係だからこそ、トランプ大統領も無理難題を言ってこなかったのではないでしょうか?

 

万が一、この先、総理がかわるようなことがあれば、阿部さん以外では、トランプ大統領は無理難題を吹っかけてきそうな気がしてなりません。

 

日経も、今回の会談での収穫はなかったが、日本にとって最悪なシナリオではなかったという感じで上にも下にも行かない方向感のでない感じではなかったでしょうか?

 

4月19日の市場

日経平均22,191.18(+32.98)+0.15%上昇

JASDAQ 3,912.17(-6.38)-0.16%下落

マザーズ1,125.61(-10.26)-0.90%下落

 

 

新興株は本日は下落です。

 

マザーズも保有している管理人としては、本日も痛手です(トホホ・・・)

 

昨晩は、寝る前にCFDの原油を売りで指値をして寝たのですが、見事に刺さっていました。

 

その後、日本時間中は、少しずつ原油価格は上昇!

 

管理人ただいま含み損中です。

 

今夜の原油価格も注目しながら、売り増しか損切か判断しなければなりません。

 

4月18日EIA統計発表

指標 実際 予想 前回
原油在庫 -1.071M -0.500M 3.306M
原油輸入 -1.264M 1.722M
クッシング原油在庫 -1.115M 1.129M
EIA週間株式の留出物 -3.107M -0.268M -1.044M
ガソリン生産 0.054M 0.035M
米ガソリン在庫 -2.968M -0.227M 0.0458M

 

原油在庫量は、予想の50M増加予想に反して107Mの減少です。

 

米ガソリン在庫も22M減少の予想に反して296M減少となっており、原油価格上昇となっております。

 

しかい、原油価格が70ドルを超す程の数値か?ということで、売りで参戦したのですが、あっという間に70ドルに近づいています。

 

明日は、ベーカーヒューズ社発表のリグ稼働数もありますので、それまでは持ちこしてみようと思っています。

 

しかし、あまり痛手が大きくなる前に損切も考えています。

 

現在、22:15分、まもなくニューヨーク市場が開始となりますので、本日はこれまでとして、チャートとにらめっこします。

 

本日の管理人の投資状況

個別株の追加無し

CFDの売買:原油売り(68.50ドル参入)