さあ、GWも終えて、今日から日本市場も始動しました。

 

GW中の日経先物は、ダウの上下に連動する形で乱高下が激しかったです。

 

結局、ダウは大幅な上げに転じましたが、日経は為替が108円代後半~109円代前半の円高に振れたため、軟調となりました。

 

世の中はセルインメイを警戒しているのでしょうか?

 

●本日5月7日の市場

日経:22,467.16(-5.62)-0.03%下落

JASDQ:3,982.60(+19.10)+0.48%上昇

マザーズ:1,151.08(+3.35)+0.29%上昇

 

 

     投資初心者の管理人が今年後半の相場を為替から考える

109円代の為替をどう解釈するかですが、3月後半が104円代まで円高が進み、企業の減益リスクにより株価を揺さぶりました。

 

それを考えると109円代は足元の企業環境は好転していると考えられるのではないでしょうか?

 

主な企業の為替の前提レートを見てみますと、コマツ(6301)・日立建機(6305)・三菱電機(6503)・日本電産(6594)が100円の設定、日立(6501)・ソニー(6758)は105円の設定です。

 

今回の決算と同時に公表された主力企業の今3月期収益見通しの前提レートは、円高としながらも日立とコマツ・日本電産は増益を計画しています。

 

一方で、ファナック(6954)は、今期営業利益が前期比33.9%減となり、市場に大きな波紋を広げましたが、前提レートは100円としています。

 

つまり多くの企業の前提レートが円高に設定しているため、足元の為替水準が続くなら、期中に通期見通しは増額修正される可能もあるのではないかと推察します。

 

現在の調子の為替であれば、7月下旬から8月半ばに掛けて開示される今3月期第1四半期決算では、通期見通しの上振れが期待できると考えることもできますよね。

 

このことをマーケットは織り込み始めるのか、セルインメイになるのか?

 

投資初心者の管理人なりに色々考えて行きたいと思います。

 

今週末は、SQ・柳瀬氏喚問・イラク核合意などがあり、米中貿易摩擦もくすぶっており、トランプ大統領が何かつぶやいたら一気に崩れそうな感じもします。

 

また、為替も一時108円代に突入し、日経平均の弱気材料となっております。

 

今夜のダウが急落したら、日経先物も更に下落する可能性がありますね。

 

気持ち的にはセルインメイです。怖すぎます。

 

しかし、信用売りから入るのは中々勇気がいるんですよね。

 

どうしたものか本当に迷っています。

 

皆様はこの5月はどのようなポジション形成をしていくのでしょうか?

 

 

     2018年5月7日CFD原油と個別株のまとめ

 

管理人が保有している個別株にプロルート丸光(8256)という総合衣料卸問屋があり、5月2日のIRでかなり好材料が出たにも関わらず寄り天となってしまい、最終的には大幅なマイ転でがっかりです。

●プロルート丸光の好材料

・営業利益・経常利益・純利益黒字転換

・復配

・グローバルなオンラインプラットフォーム事業に着手

・ブロックチェーン技術の導入

・NHNと業務提携                                  etc...

 

プロルート丸光(8256)の値動きは、朝イチで343円をつけましたが、その後、急落で最終的には273(-26)-8.70%となりました。

 

好材料が出てこの株価はどういったことなのか理解できません。

 

俗に言われている「仕手の仕業なのでしょうか?」それとも、「信用買い残が多いためなのでしょうか?」

 

結局、管理人は買い増してしまいました(トホホ・・)。

 

朝の高値で売った人はうまいなーと思います。管理人は、まさか好材料でこのように下落になるとは考えられず、欲を出してまだまだ株価は上がると思い、買い増しました。

 

個別株はそれぞれクセがあるんですね。いい勉強になりました。

 

こうなってしまった以上、好材料を信じて、もう少し保有を継続します。

 

ちなみに管理人のプロルート丸光(8256)平均単価は255円です。

 

一方、原油は、イラクの核合意の懸念から、69ドル後半から70ドル代前半になっています。

 

管理人は、以前、69ドル代は売りと設定していましたが、70ドル代後半で売りと修正ました。

 

66円ドル代は買いで70ドル代は売りで参入予定です。

 

イラク核合意の期限は5月12日なります。

 

5月12日までは原油の動きにも注視していきたいです。

 

●2018年5月7日の管理人のポジション

個別新規株:プロルート丸光(8256)買い増し

CFD原油:新規ポジションなし

個別保有株:シグマシクス(6088):1,869(-17)-0.90%:管理人の平均単価961.0円

プロルート丸光(8256):273(-26)-8.70%:管理人の平均単価273円