皆さん、ゴールデンウィーク前半はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

株のことは忘れて旅行や趣味に没頭するのもいいですよね。

 

管理人は、仕事だったので普段と変わらない日常生活を送っていました。

 

ですので、株のことも考えて過ごし、低位株などを勉強していました。

 

管理人は、投資初心者ですので、投資スタイルが確立されていません。

 

「何か取り組みやすい投資方法はないか?」・「どのように銘柄を選んだらよいか?」などを、毎日、考えたり勉強することがたくさんあります。

 

このブログも、後で復習するのに役立つのではないかと思い、できるだけその日に考えたことを書いていこうと思っています。

 

低位株は、軍資金が少なくても購入できる銘柄が多いため、複数買うことができ、銘柄をいくつか持つことでリスク回避にもなるのではないか?

 

また、低位株は一気に値が上がることもあり、おもしろさもあるかなーと思い、少し勉強してみました。

 

もし、管理人と同じように投資初心者の方がいましたら、低位株の記事も見てみてください。

 

ベテラン投資家さんはスルーしてください。

 

 

さて、本日の市場はゴールデンウィークの間ですので、積極的な動きがあまり見られないような感じでしたね。

 

昨日のダウは上昇で始まりましたが、結局は24,163.15(-148.04)-0.61%に終わり、結構な下げとなり、日経先物もそれにつられる形で下げました。

 

結局今朝は、下げスタートとなり、その後、日経は粘りプラスで引けました。

 

しかし、JASDAQ・マザーズはパッとせず、マイナスで引けました。

 

管理人は新興株が多いので痛いです。

 

●2018年5月1日の市場

日経平均22,508.03(+40.16)+0.18%上昇

JASDAQ 3,935.57(-10.00)-0.25%下落

マザーズ1,136.44(-5.63)-0.49%下落

 

     気になるニュース 南北会談後、日本の立場は?

 

南北会談の詳細が日々のニュースで明かされるようになり、金委員長が冗談などをまじえながら、しっかりと対応されていたのが印象的でした。

 

金委員長の今までの行動からはあまり想像できない、終始にこやかで、しかし、堂々と会談をしているように映りました。

 

危うく勘違いしそうになるくらい好印象に映りましたが、実態はどうなのでしょうか?

 

北朝鮮には何度も裏切らてきた経緯がありますので、今回の会談での前向きな発言をすべて鵜呑みにすることはできないような気もします。

 

しかし、平和への第一歩を歩み出したのは間違いないことだと思いますし、何度も言ってきましたが、ムンジェイン大統領の手腕が高く評価できる一面でもあったのではないでしょうか?

 

このまま、米朝会談まで実現し、本当に非核化になれば、これに勝る喜びはないですよね。

 

トランプ大統領には是非にも頑張ってもらいたいです。

 

一方、日本はというと、この流れに乗り遅れている感は否めない印象です。

 

北朝鮮の話では、日米首脳会談後、日朝首脳会談の用意もあるという報道がありました。

 

拉致問題解決に光明が出てきた感じですね。

 

阿部首相の手腕が試される場面です。

 

「ムンジェイン大統領のような手腕を発揮できるか?」・「トランプ大統領のような強気の外交姿勢を見せることができるか?」

 

いずれにせよ、阿部首相の政治力の見せどころですね。

 

日本の報道では、「拉致問題の解決が見えないのであれば、日朝会談のテーブルにつく意味があるのか?」なんて発言も見られましたが、とんでもないことだと管理人は思っています。

 

会談をする前に、自分達で拉致問題解決の糸口を拒絶するなんてあり得ません。

 

何のための政治家なのかと思っちゃいますよ。

 

困難な外交をまとめるからこそ、政治力であったり政治家としての手腕だと思っています。

 

阿部首相には、日朝会談に堂々と挑んでもらい、拉致問題解決を是非、実現してもらいたい、更に短距離中距離弾道ミサイルの廃止もしっかりと約定して欲しいです。

 

ムンジェイン大統領・トランプ大統領は、良いか悪いかは別にして、政治家としての主張とやるべきことを明確にし、それに向けて進んでいると思います。

 

阿部首相も、自分の政治家としての進退をかけるくらいの気持ちで、この日朝首脳会談に挑んで、目的を達成してほしいと願います。

 

北朝鮮問題、さらに言えば、拉致問題解決は日本の悲願です。

 

日朝首脳会談をうまくまとめることができれば、阿部首相も歴史に名を残す総理大臣となります。

 

遺族の残された時間はそう長くはありません。期待しています。

 

 

     2018年5月1日の原油CFD・個別株のまとめ

 

ゴールデンウィーク中の相場はこんな感じなのでしょか?

 

冴えない値動きでした。

 

特にJASDAQとマザーズはダメダメですね。

 

管理人の個別新興株もやられっぱなしです。

 

5月は各企業、決算発表がありますので、そこに期待して、損切せずに持っておきます。

 

この利確と損切のタイミングが本当に難しいです。

 

ゴールデンウィーク中は、相場がありませんので、原油のCFD以外は、やることがないので、株の勉強をします。

 

主に低位株を勉強していきます。

 

●本日の管理人のポジション

個別株:新規ポジション無し

原油CFD:新規ポジション無し

4月27日に買い増したシグマシクス(6088):1,881円(-0.63%)で引けました(管理人の平均単価961円)。継続保有です。