本日の市場は、昨晩のアメリカの反発に伴い、買い先行でスタートしました。

 

買い一巡後は、膠着状態なりましたが、後場は、先物先行でギャップアップスタートなり、一段高となりました。

 

しかし、その後は伸び悩み感が否めませんでした。

 

23,000円は中々、厚い壁ですね。

 

新興株も久々に、スッキリとあげました。しかし、肝心の管理人の新興個別株は、上がりませんでした。(ガックリ)

 

●本日5月17日の市場

日経:22,838.37(+121.14)+0.53%上昇

JASDQ:3,940.01(+15.21)+0.39%上昇

マザーズ:1,152.35(+25.31)+2.25%上昇

 

 

 

     2018年5月17日の気になるニュース~パレスチナでイスラエル軍発砲

 

 

15日の国連安保理で、パレスチナ自治区ガザで在イスラエル米大使館のエルサレム移転に抗議するデモ隊にイスラエル軍が発砲し、多数の死傷者が出たことを受け、緊急会合を開いた。

 

各国から市民に発砲したイスラエル軍に非難する声が相次いだ中、米国のヘイリー国連大使は「米国民を代表し、安全保障理事会で、建国70年の偉業を達成したイスラエルの友人たちを讃えたい」と述べ、演説を締めくくった。

 

また、アメリカは「大使館の移転は、国家主権である」と述べ、移転の正当性を主張しましたが、パレスチナは「エルサレムの問題は、国際法に基づいて決めるべきだ」と反論しました。

 

EUやアラブ諸国の大使は大使館移転によるパレスチナ情勢の悪化に強い懸念を表明していて、アメリカの孤立は一層、深まりそうです。

 

しかし、このニュースは日本のTVなどではあまり取り上げられていませんね。

 

死者58人が出たんですよ。しかも民間人が・・・・

 

仮にアメリカの大使館移転が国家主権であるとしても、武器を持たないデモ隊に発砲とかありえないでしょ!

 

これがニュースとして大きく取り上げられないのに違和感があります。

 

日本でニュースになると、阿部総理も、アメリカの大使館移転問題についての意見を求められ、「アメリカの大使館移転問題を日本は指示します。」なんて言っちゃったら各国から総スカンくらう恐れもあるので、この件は触れないでそっとしているのでしょうかね?

 

日本もいつまでもアメリカに尻尾を振ってばかりいると、気づかないうちに、世界から孤立してしまわないでしょうか?

 

そろそろ本当の意味での「独立・独歩」の機会ではないでしょうか?

 

経済面では、日本も世界を引っ張っていける存在なので、もう少し、日本独自の歩み方・世界へのアプローチの仕方があると思います。

 

政治にうとい管理人の発想では、アメリカとの親しい関係を利用して、各国の代弁としてアメリカに物を言って、世界の調整役になってもいいのではないでしょうか?

 

それでアメリカに冷遇されるなら仕方がないと思いますが・・・・。それこそ日本独自の歩みを始めればいいと思います。

 

     2018年5月17日の原油CFD・個別株日記まとめ

 

 

個別株は、管理人保有のプロルート丸光(8256)が、昨日、越境EC事業を展開する上海社、コンサルティング会社の道紀忠華と業務提携というIRが出ました。

 

好材料が出て、夜間PTSも株価を上げましたが、本日のザラ場は大幅下落し、株価は前日よりマイナスでした。

 

はっきり言ってわかりません。前回の決算もそうでしたが、好材料がでると下落します。

 

何をもってポジションと取ったらよいのかさっぱりわかりません。

 

一方、原油はEIAの週間抽出量の発表が昨日ありました。

●5月16日EIA統計発表

指標 実際 予想 前回
原油在庫 -1.404M -0.763M -2.197M
原油輸入 -0.411M -0.955M
クッシング原油在庫 0.038M 1.388M
EIA週間株式の留出物 -0.092M -2.155M -3.791M
ガソリン生産 0.488M -0.071M
米ガソリン在庫 -3.790M -1.421M -2.174M

 

全米の原油在庫のEIAと前日に発表されたAPI統計の数字とは対照的な内容でした。APIでは、485万バレル増加となっていました。

 

それを受けて、WTI原油価格も71ドル代で推移しています。

 

中東情勢の問題が片付かない限り、原油価格はこれからも上昇していくのでしょうか?

 

管理人としては、原油CFDのポジションを取るのが怖くて、中々参加できません。

 

来週のレンジも下は70ドル前半~上は72ドル代で推移するのではないかと思います。

 

ニュースなどを見ながら、ポジションを取ることができれば参加したいですが、今は無理にポジションを取らない方がいいような気がします。

 

また、このまま原油高が続けば、日本の企業にも、今後大きく影響がでるように思います。

 

各企業が原油価格をどれくらいで想定して、経費計上しているのでしょうか?

 

●2018年5月17日管理のCFD原油・個別株のポジション

個別株新規:ポジション無し

イナリサーチ(2176):1,076(-54)-4.78%

バロックジャパン(3548):1,087(-5)-0.46%

シグマシクス(6088):1,731(-41)-2.31%

プロルート丸光(8256):254(-16)-5.93%

CFD原油:ポジション無し