皆さん、IPOの抽選は当たりましたか?

 

4月は、条件がいいIPOの案件がたくさんありました。

 

どれか1個でも当選したかったのですが、管理人は、補欠当選もなく、全滅でした。

 

日経が不安定な中、IPOは順調に初値は高値をつけています。

 

やはり、市場が不安定な時こそ、IPOに人気が集中しているんですね。

 

その中でも、管理人がIPO投資法に取り組んで以来、初めて目にした脅威の初値をつけた銘柄がありました。

 

それはHEROZ(4382)です。

 

4,500円での公募価格となり、初値はな・な・なんと49,000円です。

 

49,000円ですよ!

 

もし当選していたら、4,450,000円の利益です。

 

一般サラリーマンの年収分を一瞬でゲットです。

 

恐ろしいほどの初値ですね。

 

上昇率は988.9%というこれまた、見たことがない数字です。

 

このブログを見ている方で当選した方がいたら、教えてほしいです。

 

何ともうらやましい限りのIPO銘柄HEROZ(4382)です。

 

当選した方は、本当におめでとうございます(やった~!)

 

もし、2つ・3つ当選してたら・・・・!

 

このようなIPO銘柄は、中々ありませんが、コツコツ申し込むことで、チャンスは巡ってくるかもしれません。

 

しかし、今年のIPOは本当に絶好調です。

 

     2018年IPOの損益一覧

 

IPO銘柄 公募価格 初値 騰落率 損益
CREロジシティックスファンド投資法人 110,000 104,500 -5.0% -5,500円
ザイマックス・リート投資法人 105,000 104,000 -1.0% -1,000円
Mマート 1,240 5,380 +333.9% +414,000円
ジェイテックコーポレーション 2,250 9,700 +331.1% +745,000円
SERIOホールディングス 1,780 4,100 +130.3% +232,000円
日総工産 3,250 4,020 +23.7% +77,000円
神戸天然物化学 2,340 3,665 +56.6% +132,500円
フェイスネットワーク 1,400 3,200 +128.6% +180,000円
共和コーポレーション 1,590 2,511 +57.9% +92,100円
信和 1,150 1,106 -3.8% -4,400円
SOU 3,300 4,100 +24,2% +80,000円
ファイバーゲート 1,050 2,388 +127.4% +133,800円
キュービーネットHD 2,250 2,115 -6.0% -13,500円
RPAホールディングスス 3,570 14,280 +300.0% +1,071,000円
アジャイルメディア・ネットワーク 3,000 15,470 +415.7% +1,247,000円
和心 1,700 4,555 +167.9% +286,500円
アズ企画設計 2,160 4,705 +117.8% +254,500円
日本リビング保証 1,760 5,100 +189.8% +334,000円
ブティックス 1,350 3,210 +137.8% +186,000円
ビープラッツ 2,200 10,000 +354.5% +780,000円
ヒューマン・アソシエイツHD 1,170 3,600 +207.7% +243,000円
コンヴァノ 930 2,189 +135.4% +125,900円
HEROZ 4,500 49,000 +988.9% +4,450,000円
アイペット損害保険 2,850 4,500 +57.9% +165,000円

 

 

     IPOの魅力まとめ

2018年の結果を見ても、IPOの利益率のよさがわかるかと思います。

 

初値がマイナスの時は微損で、プラスの時は大きく利益を得ることができるのがIPOです。

 

特に今年は、初値がプラスになった時の利益が大きいです。

 

三桁の利益を出している銘柄もあります。

 

もし、IPOが何銘柄か当選したらと思おうと、ウハウハですね。夢がありますね。

 

それだけIPOには魅力があります。

 

投資経験がほとんどない人でも、簡単に参加できます。

 

IPOを申し込んで、当選したら初値で売るだけです。

 

是非、投資初心者の方も、IPOから投資の世界に入ってみてはいかがでしょうか?