こんにちは。戦国おやじです。

 

今年の3月も続々とIPO上場案件があがってきています。

 

株式やFXがうまくいっていない方、今から投資を始めたいという方も是非、IPO投資を初めてみてはいかがでしょうか?

 

投資初心者でもほぼリスクなしで大きな利益を得ることができるのがIPO投資です。

 

ただし、IPOは抽選なので、中々、当選しないというデメリットもあります。

 

しかし、そこで諦めてしまっては、老後資金形成にはほど遠くなってしまいます。

 

毎回言っていますが、IPO当選するには地道にブックビルディングを申し込み続けることがとても重要です。

 

もちろん投資法は色々あるのでIPOにこだわる必要は全くありませんし、投資は自己責任で行うものなので自分がよいと思った方法で利益をあげることがベストです。

しかし、投資初心者がいきなり、個別株やFXで利益を出せるほど、相場は甘くありません。

 

管理人も投資を初めて5年目になりますが、まだまだ初心者の域は脱出できておらず、安定的に利益を出すことの難しさを痛いほど感じています(現在は、安定的に利益を出せる方法を日々勉強中です)。

 

投資初心者がいきなり利益を出せたとしても、それが安定して利益を出せなければ、1回の損失で今までの利益が吹っ飛んでしまうこともよくあります。

 

FXや個別株などで利益を出すために、あらゆる相場に関する勉強をしなければ生き残れません。

 

しかし、IPO投資法は、難しい銘柄分析やチャート分析などは、ほとんど必要ないです。

 

極端なことを言うとIPOに当選したら上場初日に売るだけで大きな利益を得ることができます。

 

ただ、IPO当選が非常に難しく、中々、当選できないんですよね。

 

あまりにも落選が続くため、嫌になって諦めてしまうケースも多いのも事実です。

 

投資初心者が、簡単に利益を得らる方法なんて、そんなに多くない中、このIPOは、投資初心者でも簡単に利益をあげれる数少ない投資方法なのに、諦めてしまったら、せっかくの大きな利益を得るチャンスをみすみす見逃すことになってしまいます。

 

実際に去年のIPO初値の一覧を見てください。

2018年IPOの初値と騰落率


一覧を見てわかっていただけたと思いますが、かなりの確率で初値はプラスリターンとなっていますね。

 

IPOは特にブックビルディングに申し込むことから始まります。

 

IPOブックビルディングの申し込みはそれほど手間ではありませんので、根気よくブックビルディングを申し込んでほしいです。

 

実際に行う作業は、いくつかの証券会社に口座開設して、ブックビルディングを申し込むということをIPO案件ごとに毎回繰り返すだけなのです。

 

そのうちに、たまに当選し、大きな利益を得ることができます。

 

IPO投資の準備をしてみよう!

 

限られた資金で効率よくブックビルディングを申し込むには、主幹事をメインに申し込みをすることから始めます。

 

主幹事はIPOの割り当て枚数が多いため、当選確率もあがります。

 

IPOスケジュールが密集している時は、資金移動で1日ずれてしまい、ブックビルディングに申し込みできないなんてこともあります。

 

IPOの申し込みを忘れずに、効率よく申し込むには、IPOブックビルディングスケジュールや取扱い証券会社などを一覧表にすると便利です。

 

また、ネットバンク銀行を一つ開設しておき、IPO用の資金をそこから入出金すると便利です。

 

管理人は、IPO資金中継銀行(ハブ銀行)を用意し、抽選が終了したらすぐにIPO資金中継銀行(ハブ銀行)に資金を戻します(同じ証券会社で連日申し込みがある場合は、そのまま資金を証券会社に残しておきます)。

 

管理人は、IPO資金中継銀行(ハブ銀行)に、ジャパンネット銀行を利用しています。

 

理由は、多数の証券口座からネット入金できるからです。

 

その他にネット入金の対応をしているIPO資金中継銀行(ハブ銀行)は、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、SBIネットバンク・楽天銀行などが多くの証券会社でネット入金に対応しています。

 

IPOのブックビルディングを効率よく申し込める準備が整ったら、どんどん申し込みをしていきましょう。

 

ちょっとの作業で、投資初心者でも大きな利益を得る可能性があるIPO投資は、とても魅力的だと思いますので、管理人と同じような投資初心者には是非、オススメしたい投資法です。

 

IPO投資で利益を得るおもしろさを知ってもらいたいです。

 

IPOの魅力について書いた記事もありますので興味があれば是非、読んでみてください。

投資初心者でも利益が出せるIPO投資の魅力


IPOに関してわからないことがあれば、管理人で答えられることがあればお答えしますので、お気軽にお問い合わせフォームからご質問くださいね(その他の質問もガンガンしてもらって構いません。)

 

さて、今回ご紹介するIPO案件は、ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)について説明していきます。

 

最後に、管理人の当てにならない本気度予想をしていますので、見てくださいね。

 

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)は、東証マザーズの上場予定で、想定価格960円となっています。

 

ブックビルディング期間は3月1日(金)~3月7日(木)で、上場日は3月19日(火)となります。

 

 

     ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)はどんな会社?

メディア事業

メディア事業では、「みんなの株」・「株探」等、そしゃるメディアを活用したユーザー参加型やAIを活用した自動生成型の株式情報サイトをはじめ、外国為替や投資信託、暗号資産、保険等様々な金融商品の情報を投資家に直接提供するインターネットメディアを複数運営しており、1カ月間にミンカブ・ジ・インフォノイド運営サイトを訪れるユーザー数は平均500万以上、同訪問延べ人数は1,800万人をこえ、投資家層をユーザーとした顧客基盤を確立していることはミンカブ・ジ・インフォノイドの強みです。

 

また、これらの大規模な投資家ユーザーベースによる投稿や閲覧といったクラウドインプット、網羅性の高い金融・経済・企業情報のビッグデータ、株価分析・ニュース/レポート生成・行動最適化等のAI技術は、ミンカブ・ジ・インフォノイドメディア事業を特徴づけるユニークなアセットであり、競争力の源となっています。

 

メディ事業の収益は大きく広告収入と課金収入に区分され、広告収入は純広告及びアドネットワーク広告における期間やクリック数、表示回数等の保証型広告収入及び口座開設等に係る成果報酬型広告収入を対象としております。

 

これに加え、メディア事業のユーザー規模の拡大に伴い、2018年3月期より月額課金をビジネスモデルとしたプレミアムサービス(課金収入)も開始していおります。

 

ソリューション事業

ソリューション事業では、主にメディア向けに開発した情報コンテンツやアプリケーションをB2B及びB2B2Cユース用にソリューション化して展開しており、メディア事業におけるユニークなアセット構成を活用して付加価値を高めることで他社との差別化を実現し、取引先は金融機関を中心に100社を超えております。

 

特にAIによる記事自動生成技術では、全上場銘柄を対象とした網羅性と、会社発表から瞬時に配信する速報性、更に過去データを用いた銘柄ごとの特徴を捉えた分析記事の自動生成を実現しており、金融情報記事としての品質の高さは、他社との大きな差別化要因になっていると考えています。

 

ソリューション事業では、金融機関の顧客向けサービスとして提供するB2B2Cサービスを中心ン位、金融機関や事業法における社内ユースを想定したB2Bサービスにも注力しており、具体的に、B2B2Cでは、AIによる自動生成記事の配信のほか、個別銘柄をテーマ毎にバスケット化して各テーマのパフォーマンスを表現する「MINKABUテーマ別銘柄ソリューション」、音声AIを活用した個別銘柄株価の検索サービスである「MINKABU IVRソリューション」等、B2Bでは商品先物情報に特化した情報端末ソリューション「MINKABU e-profit」、金融機関営業員向け情報末端ソリューション「MINKABU さぇs-Cue」、事業法人向け情報末端ソリューション「MINKABU Corporate-Cue」等を展開しています。

 

ソリューション事業の収益は、主にクラウド型のASPの提供及びその保守・運営業によるストック型収益です。

 

その他、コンテンツの販売または配信やソフトウエア等開発受託によるスポット主乳を計上しています。

 

 

     ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)の情報・業績

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)のIPO上場規模は、最大で30.2億円であり、東証マザーズの中ではやや大型案件となります。小型案件であればあるほど、初値リターンはよいです。

 

オファリング・レシオ:25.1%とやや高めです。(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●主な株主とロックアップ状況

株主名 保有割合 ロックアップ
瓜生 憲 10.59%
FinTecビジネスイノベーション投資事業有限会社責任組合 8.01%
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 7.69%
株式会社朝日新聞社 6.67%
起業投資事業有限会社責任組合2号 6.48%
起業投資事業有限会社責任組合1号 5.65%
MICイノベーション3号投資事業有限会社責任組合 3.94%
MSIVC2008V投資事業有限会社責任組合 3.92%
あすかDBJ投資事業有限会社責任組合 3.02%
BRAVE GO LIMITED 2.55%

 

●ミンカブ・ジ・インフォノイドの業績

回次 第8期 第9期 第10期 第11期 第12期
決算年月 平成26年3月 平成27年3月 平成28年3月 平成29年3月 平成30年3月
売上高(千円) 615,295 712,766 978,739 1,049,656 1,370,375
経常利益又は経常損失(千円) 55,247 78,832 84,428 80,213 109,022
当期純利益又は当期損失(千円) -455,027 65,091 66,890 -1,322,302 -126,731
資本金(千円) 879,995 125,000 156,000 666,000 801,000
発行済株式

普通株式

A種類株式

B種優先株式

 

79,853

6,518

 

96,638

 

98,438

 

91,920

17,000

 

96,420

17,000

純資産額(千円) 384,515 950,524 1,078,673 775,915 918,897
総資産額(千円) 837,979 1,568,263 1,980,672 2,522,755 1,985,701
1株当たり純資産(円) 4,815.30 10,547.32 11,734.92 -26.55 -10.49
1株当たり配当額
1株当たり純利益又は純損失金額(円) -6,827.33 777.92 730.94 -143.78 -11.51
自己資本比率(%) 45.9 60.6 54.5 30.8 46.3
自己資本利益率(%) 9.8 6.6
株価収益率(%)
配当性向(%)
営業活動CF(千円) -197,485
投資活動CF(千円) 980,855
財務活動CF(千円) -363,784
現金等残高(千円) 460,422
従業員数(名) 30 25 31 34 71

 

●取り扱い証券会社

主幹事:SBI証券

松井証券・むさし証券・エイチエス証券・みずほ証券・SMBC日興証券・楽天証券・岡三証券・岩井コスモ証券・東海東京証券・三菱UFJモルガンスタンレー証券・マネックス証券・アイザワ証券・カブドットコム証券・東洋証券・水戸証券・内藤証券・極東証券・エース証券

 

 

     ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)IPOのまとめ

事業内容は、AI、クラウドインプットによる情報生成技術を活用した金融情報メディアの運用並びに金融機関向け情報系フィンテックソリューションの提供です。

 

IPOにおける人気度は高い業種となります。

 

IPOの資金用途は、メディア事業・ソリューション事業の中長期的な成長を支える自社利用ソフトウエアの開発への投資並びに継続した既存自社利用ソフトウエアの維持更新、また、現在の運転資本並びに今後の事業拡大の資金として充当する予定です。

 

上位株主にはベンチャーキャピタルが存在していますが、満遍なくロックアップがかかっている状況です。

 

業績面は全く問題なく、オファリング・レシオは25.1%(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)とやや高めですが気にならない程度です。

 

ただ、上場規模は、30.2億円とマザーズの中では大型案件であり、VCが多く存在しているのが気になるところです。

 

予想PERは78.7倍であり、類似企業と比較すると割高感があります。

 

しかし、人気の業種で「みんなの株」や「株探」など投資をやっている人であれば、ほとんどの方が知っているメディア事業を運営している会社で、知名度はあります。

 

また、主幹事がSBI証券の場合、初値がプラスリターンになる傾向が強いです。

 

これを踏まえ、管理人はブックビルディングの申し込みをしたいと思います。

 

管理人の本気度

B

 

A:絶対ほしい

B:まあまあ欲しい

C:見送り

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)IPO情報のおさらい

●ブックビルディング:3/1(金)~3/7(木)

 

●上場日:3/19(火)

 

●想定価格:960円

 

●市場:東証マザーズ

 

●IPO規模:最大約30.2億円で、マザーズの中では大型案件

 

●オファリング・レシオ:25.1%とやや高め

(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●取り扱い証券会社

SBI証券(主幹事)・松井証券・むさし証券・エイチエス証券・みずほ証券・SMBC日興証券・楽天証券・岡三証券・岩井コスモ証券・東海東京証券・三菱UFJモルガンスタンレー証券・マネックス証券・アイザワ証券・カブドットコム証券・東洋証券・水戸証券・内藤証券・極東証券・エース証券