こんにちは。戦国おやじです。

 

今年の3月も続々とIPO上場案件があがってきています。

 

株式やFXがうまくいっていない方、今から投資を始めたいという方も是非、IPO投資を初めてみてはいかがでしょうか?

 

投資初心者でもほぼリスクなしで大きな利益を得ることができるのがIPO投資です。

 

ただし、IPOは抽選なので、中々、当選しないというデメリットもあります。

 

しかし、そこで諦めてしまっては、老後資金形成にはほど遠くなってしまいます。

 

毎回言っていますが、IPO当選するには地道にブックビルディングを申し込み続けることがとても重要です。

 

もちろん投資法は色々あるのでIPOにこだわる必要は全くありませんし、投資は自己責任で行うものなので自分がよいと思った方法で利益をあげることがベストです。

しかし、投資初心者がいきなり、個別株やFXで利益を出せるほど、相場は甘くありません。

 

管理人も投資を初めて5年目になりますが、まだまだ初心者の域は脱出できておらず、安定的に利益を出すことの難しさを痛いほど感じています(現在は、安定的に利益を出せる方法を日々勉強中です)。

 

投資初心者がいきなり利益を出せたとしても、それが安定して利益を出せなければ、1回の損失で今までの利益が吹っ飛んでしまうこともよくあります。

 

FXや個別株などで利益を出すために、あらゆる相場に関する勉強をしなければ生き残れません。

 

しかし、IPO投資法は、難しい銘柄分析やチャート分析などは、ほとんど必要ないです。

 

極端なことを言うとIPOに当選したら上場初日に売るだけで大きな利益を得ることができます。

 

ただ、IPO当選が非常に難しく、中々、当選できないんですよね。

 

あまりにも落選が続くため、嫌になって諦めてしまうケースも多いのも事実です。

 

投資初心者が、簡単に利益を得らる方法なんて、そんなに多くない中、このIPOは、投資初心者でも簡単に利益をあげれる数少ない投資方法なのに、諦めてしまったら、せっかくの大きな利益を得るチャンスをみすみす見逃すことになってしまいます。

 

実際に去年のIPO初値の一覧を見てください。

2018年IPOの初値と騰落率


一覧を見てわかっていただけたと思いますが、かなりの確率で初値はプラスリターンとなっていますね。

 

IPOは特にブックビルディングに申し込むことから始まります。

 

IPOブックビルディングの申し込みはそれほど手間ではありませんので、根気よくブックビルディングを申し込んでほしいです。

 

実際に行う作業は、いくつかの証券会社に口座開設して、ブックビルディングを申し込むということをIPO案件ごとに毎回繰り返すだけなのです。

 

そのうちに、たまに当選し、大きな利益を得ることができます。

 

IPO投資の準備をしてみよう!

 

限られた資金で効率よくブックビルディングを申し込むには、主幹事をメインに申し込みをすることから始めます。

 

主幹事はIPOの割り当て枚数が多いため、当選確率もあがります。

 

IPOスケジュールが密集している時は、資金移動で1日ずれてしまい、ブックビルディングに申し込みできないなんてこともあります。

 

IPOの申し込みを忘れずに、効率よく申し込むには、IPOブックビルディングスケジュールや取扱い証券会社などを一覧表にすると便利です。

 

また、ネットバンク銀行を一つ開設しておき、IPO用の資金をそこから入出金すると便利です。

 

管理人は、IPO資金中継銀行(ハブ銀行)を用意し、抽選が終了したらすぐにIPO資金中継銀行(ハブ銀行)に資金を戻します(同じ証券会社で連日申し込みがある場合は、そのまま資金を証券会社に残しておきます)。

 

管理人は、IPO資金中継銀行(ハブ銀行)に、ジャパンネット銀行を利用しています。

 

理由は、多数の証券口座からネット入金できるからです。

 

その他にネット入金の対応をしているIPO資金中継銀行(ハブ銀行)は、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、SBIネットバンク・楽天銀行などが多くの証券会社でネット入金に対応しています。

 

IPOのブックビルディングを効率よく申し込める準備が整ったら、どんどん申し込みをしていきましょう。

 

ちょっとの作業で、投資初心者でも大きな利益を得る可能性があるIPO投資は、とても魅力的だと思いますので、管理人と同じような投資初心者には是非、オススメしたい投資法です。

 

IPO投資で利益を得るおもしろさを知ってもらいたいです。

 

IPOの魅力について書いた記事もありますので興味があれば是非、読んでみてください。

投資初心者でも利益が出せるIPO投資の魅力


IPOに関してわからないことがあれば、管理人で答えられることがあればお答えしますので、お気軽にお問い合わせフォームからご質問くださいね(その他の質問もガンガンしてもらって構いません。)

 

さて、今回ご紹介するIPO案件は、 Welby(4438)について説明していきます。

 

最後に、管理人の当てにならない本気度予想をしていますので、見てくださいね。

 

Welby(4438)は、東証マザーズの上場予定で、仮条件価格5,200円となっています。

 

ブックビルディング期間は3月13日(水)~3/19日(火)で、上場日は3月29日(金)となります。

 

 

     Welby(4438)はどんな会社?

医療者と患者がPHRプラットフォーム上で患者の健康・医療情報等を共有することで、本PHRプラットフォームサービスは疾病管理ツールとして機能します。

 

具体的には、患者がアプリに記録したデータを医療者が敵的に確認し、またアプリを通じて、医療者が患者へメッセージ送信を行う事ができるなど、双方向のコミュニケーションをもって患者の治療継続の支援と行動変容を促進することで、治療による臨床上の効果を高めることが可能となります。

 

Welbyが提供するPHRプラットフォームは、患者の「治療継続の支援」や「事故健康管理の促進」にフォーカスしたものであり、医療者によるアプリの推奨のほか、医療機器メーカーや医薬品卸業者との提携、製薬企業との連携、ウエブマーケティングの実施等、様々なチャネルを活用して拡大施策を講じています。

 

疾患ソリューションサービス

製薬企業からの依頼によるPHRプラットフォームの開発等です。

 

具体的には、Welbyは、生活習慣病領域、がん及び特定慢性疾患領域において、製薬企業からの依頼を受けて、主に新薬の上市に伴う医薬品の適正使用促進と疾患啓発のために、当該疾患に関わる医療従事者や患者からの意見を頂きながら、当該疾患領域の患者及び医療従事者向けに、疾患治療における自己管理や治療継続を支援、また医療機関や臨床研究との連携を促進するためのPHRプラットフォームサービスを開発・運営しています。

 

製薬企業にとっては当該プラットフォームサービスを活用した活動を通じて、自社医薬品の医療従事者間における知名度の向上と、患者の治療継続へのサポートによる医薬品の売上増加等の効果が期待されます。

 

PHRプラットフォームサービスの構築に際しては、Welbyは当該分野の患者及び医療従事者の実臨床上の意見を頂きながら開発・運営しており、製薬企業よりプラットフォームのサービス構築費用及び利用料を頂いております。

 

また、開発されたPHRプラットフォームは主に製薬企業のブランド名で患者及び医療従事者に提供されることとなりますが、プラットフォームサービスの運営についてはWelbyで担いサービスの保守、運用、カスタマーサポートなどを実施しています。

 

Welbyマイカルテサービス

Welbyマイカルテサービスは、糖尿病や高血圧症等生活習慣病全般、及び生活習慣病予備軍の患者の自己管理をサポートする自社構築・運営のクラウドサービスです。

 

通信機能を持つ血圧計、血糖測定器、及びウェアラブル機器等とのデータ連携により、血糖値・血圧・体重などの測定値や、食事や運動などの疾病治療に必要なデータの記録を簡単にできます。

 

また、患者が記録したデータを、ご自身の家族や、登録医療機関とデータを共有し、医師による治療サポートを受けことも可能です。

 

Welbyマイカルテサービスの売上高は、自治体の住民や一般企業の従業員の生活習慣病重症化予防ツールとしての利用料課金、機器メーカー、検査会社等医療周辺企業への月額利用料課金、及び有料利用医療機関へ月学利用料の課金によって構成されています。

 

有料利用の企業数、医療機関数等と連動して、収益が変動する仕組みとなっており、Welby売上高の約3割弱を占めている状況となっています。

 

自治体及び一般企業向けには、近年、生活習慣病重症化予防におけりICう消化したjT化の推進と各自治体、企業の地域住民及び従業員等への健康維持に対する意識の向上により、運動・血圧・食事・体重等記録データの自己モニタリング及び管理栄養士、保健師等の指導による生活習慣病の重症化予防サービス、及び重症化した場合に患者と医療機関をデータ連携して治療を受けるサービスを提供しており、自治体及び一般企業にとっては、対象者の生活習慣病重症化予防から治療まで一気通貫のサービス住民及び従業員等へ提供することができます。

 

機器メーカー、検査会社等医療周辺企業向けには、当該企業がWelbyマイカルテのプラットフォームを利用することで、マーケティング上において、広告等を通じて医療機関や患者へ生活習慣病の治療に役立つ情報の提供、及び当該企業の計測機器と検査データ等Welbyマイカルテに通じて、医療機関及び患者と連携することで、自社製品の利便性を向上しています。

 

医療機関向けには、大学病院や一般内科クリニックを中心に、「患者の継続治療への支援」、「患者治療アウトカムの改善」、及び「診療業務の効率化」主要な目的として導入を進めており、Welbyマイカルテを活用した治療事例が「日本糖尿病学会」や「日本血圧学会」等の国内主要学会で紹介されています。

 

また、徳島大学や福島県喜多方医師会等においては、地方公共団体及び医師会と共同して、市民を対象とした患者に血圧計を貸出し、糖尿病や高血圧症等の生活習慣病の自己管理、及びWelbyマイカルテを通じて担当医師に共有する地域連携のツールとしても導入されています。

 

 

     Welby(4438)の情報・業績

Welby(4438)のIPO上場規模は、最大で6.88億円であり、東証マザーズの中では小型案件となります。小型案件であればあるほど、初値リターンはよいです。

 

オファリング・レシオ:9.8%とかなり低めです。(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●主な株主とロックアップ状況

株主名 保有割合 ロックアップ
比木 武 42.41%
(株)デジタルガレージ 18.42%
(株)ブライトリンクパートナーズ 6.97%
日本郵政キャピタル株式会社 5.48%
萎 琪鎬 4.98%
成松 淳 2.49%
森下 満成 2.09%
高橋 朗 1.84%
立石 知雄 1.59%
株式会社ワン 1.49%

 

●Welbyの業績

回次 第3期 第4期 第5期 第6期 第7期
決算年月 平成25年12月 平成26年12月 平成27年12月 平成28年12月 平成29年12月
売上高(千円) 43,160 68,927 236,569 253,464 474,753
経常利益又は経常損失(千円) -12,894 -82,932 30,057 -136,122 -76,092
当期純利益又は当期損失(千円) -13,074 -83,198 19,879 -136,412 -76,963
資本金(千円) 45,250 60,250 159,916 178,900 684,900
発行済株式数

普通株式

A種優先株式

 

141

 

1,460

 

1,460

147

 

1,460

175

 

1,680

175

純資産額(千円) 64,157 10,959 230,171 131,726 1,066763
総資産額(千円) 65,510 32,848 318,094 211,416 1,227179
1株当たり純資産(円) 45,502 7,507 10,148 -96.35 461.48
1株当たり配当額
1株当たり純利益又は純損失金額(円) -9,929 -57,628 2,642 -106.5 -65.64
自己資本比率(%) 97.9 33.4 72.4 62.3 86.9
自己資本利益率(%) 16.5
株価収益率(%)
配当性向(%)
営業活動CF(千円) -138,555 -23,631
投資活動CF(千円) -27,393 -8,070
財務活動CF(千円) 59,787 1,034,231
現金等残高(千円) 88,939 1,091,469
従業員数(名) 2 4 10 25 31

 

●取り扱い証券会社

主幹事:SMBC日興証券

SBI証券・マネックス証券・岡三証券・いちよし証券・みずほ証券・大和証券

 

 

     Welby(4438)IPOのまとめ

事業内容は、PHR(個人によって電子的に管理される自らの健康・医療情報のことを指す)プラットフォームサービス事業です。

 

IPOにおける人気度は超人気の業種となります。

 

IPOの資金用途は、PHRプラットフォームサービス事業における患者及び医療機関向けの新規PHRプラットフォームの開発及び改修に係る費用・今後の事業拡大のために必要となる、PHRプラットフォームの医療実臨床現場における治療サポート効果のクリニカル・エビデンス構築に係る費用として充当する予定です。

 

上位株主にベンチャーキャピタルは存在しますが、満遍なくロックアップがかかっています。

 

上場規模は、東証マザーズとしては、6.88億円と小型であり、業績面は全く問題ありません。

 

オファリング・レシオも9.8%(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)とかなり低めです。

 

予想PERは57.9~63.4倍で類似企業と比較すると中間的です。

 

来ましてね。IPOの醍醐味である初値高騰の予感がする案件です。

 

上場規模小型、劇的に低いオファリングレシオ、そして仮条件が5,200円の値嵩という申し分ない条件であり、クラウドというIPOでは圧倒的に人気のキーワードを含んだ事業です。

 

管理人は全力でブックビルディングの申し込みをします。SBI証券のIPOポイントをすべて使用していきます。

 

この案件が当選できれば超絶うれしいです。

 

管理人の本気度

A

 

A:絶対ほしい

B:まあまあ欲しい

C:見送り

Welby(4438)IPO情報のおさらい

●ブックビルディング:3/13(水)~3/19(火)

 

●上場日:3/29(金)

 

●仮条件価格:5,200円

 

●市場:東証マザーズ

 

●IPO規模:最大約6.88億円で、マザーズの中では小型案件

 

●オファリング・レシオ:9.8%とかなり低め

(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●取り扱い証券会社

SMBC日興証券(主幹事)・SBI証券・マネックス証券・岡三証券・いちよし証券・みずほ証券・大和証券