こんにちは。戦国おやじです。

 

12月IPOラッシュの季節がやってきました。

 

今年の12月も多くのIPO上場案件があがってきています。

 

株式やFXがうまくいっていない方、今から投資を始めたいという方も是非、この12月のIPOラッシュの波にのり、大きな利益を出して今年を締めくくりましょう。

 

投資初心者でもほぼリスクなしで大きな利益を得ることができるIPOを今こそ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

ただし、IPOは抽選なので、中々、当選しないというデメリットもあります。

 

しかし、そこで諦めてしまっては、老後資金形成にはほど遠くなってしまいます。

 

毎回言っていますが、IPO当選するには地道にブックビルディングを申し込み続けることがとても重要です。

 

もちろん投資法は色々あるのでIPOにこだわる必要は全くありませんし、投資は自己責任で行うものなので自分がよいと思った方法で利益をあげることがベストです。

 

しかし、投資初心者がいきなり、個別株やFXで利益を出せるほど、相場は甘くありません。

 

管理人も投資を初めて4年目になりますがまだまだ初心者で、安定的に利益を出すことの難しさを痛いほど感じています(現在は、安定的に利益を出せる方法を日々勉強中です)。

 

投資初心者がいきなり利益を出せたとしても、それが安定して利益を出せなければ、1回の損失で今までの利益が吹っ飛んでしまうことはよくあります。

 

しかし、IPO投資法は、難しい銘柄分析やチャート分析などは、ほとんど必要ないです。

 

極端なことを言うとIPOに当選したら上場初日に売るだけで大きな利益を得ることができます。

 

ただ、IPO当選が非常に難しく、中々、当選できないんですよね。

 

あまりにも落選が続くため、嫌になって諦めてしまうケースも多いのも事実です。

 

投資初心者が、簡単に利益を得らる方法なんて、そんなに多くない中、このIPOは、投資初心者でも簡単に利益をあげれる数少ない投資方法なのに、諦めてしまったら、せっかくの大きな利益を得るチャンスをみすみす見逃すことになってしまいます。

 

実際にIPOの今年のIPOの初値の一覧を見てください。

2018年IPOの初値と騰落率

一覧を見てわかっていただけたと思いますが、かなりの確率で初値はプラスリターンとなっていますね。

 

IPOブックビルディングの申し込みはそれほど手間でありませんので、根気よくブックビルディングを申し込んでほしいです。

 

実際に行う作業は、いくつかの証券会社に口座開設して、ブックビルディングを申し込むということをIPO案件ごとに毎回繰り返すだけなのです。

 

そのうちに、たまに当選し、大きな利益を得ることができます。

 

ちょっとの作業で、投資初心者でも大きな利益を得る可能性があるIPO投資は、とても魅力的だと思いますので、管理人と同じような投資初心者には是非、オススメしたい投資法です。

 

IPO投資で利益を得るおもしろさを知ってもらいたいです。

 

IPOの魅力について書いた記事もありますので興味があれば是非、読んでみてください。

投資初心者でも利益が出せるIPO投資の魅力

IPOに関してわからないことがあれば、管理人で答えられることがあればお答えしますので、お気軽にお問い合わせフォームからご質問くださいね(その他の質問もガンガンしてもらって構いません。)

 

さて、今回ご紹介するIPO案件は、ベルトラ(7048)について説明していきます。

 

最後に、管理人の当てにならない本気度予想をしていますので、見てくださいね。

 

ベルトラ(7048)は、東証マザーズの上場予定で、想定価格360円となっています。

 

ブックビルディング期間は12月6日(木)~12月12日(水)で、上場日は12月25日(火)となります。

 

 

     ベルトラ(7048)はどんな会社?

ベルトラグループはベルトラ及び連結子会社8社により構成されており、国内及び世界145ヵ国の現地体験型オプショナルツアー(以下、現地体験ツアー)専門のオンライン予約サイト「VELTRA(ベルトラ)」等を運営しています。

 

旅行者は、ベルトラグループと契約した催行会社が提供する現地体験ツアーの商品情報を、「VELTRA(ベルトラ)」で検索・閲覧します。

 

旅行者は、体験したい現地体験ツアーを見つけたら、「VELTRA(ベルトラ)」に会員商法を登録し、その予約申込を行います。

 

その予約は、ベルトラグループ経由で催行会社に依頼され、予約確定後バウチャー(予約・代金支払いと引き換えに発行され、これを提示してサービスを受ける証票)を発券します。

 

旅行者はこのバウチャーを提示することで現地体験ツアーに参加、終了後は体験談を投稿することができます。

 

このような旅行における一連の体験をオンライン上で完結するサービスをベルトラグループの特徴しています。

 

ベルトラグループは、現地体験ツアーの旅行オンラインサービスを運営する旅行関連事業の単一セグメントとなります。

 

なお、ベルトラグループの事業領域は旅行関連事業を収益区分別に分類し、組織編成をしており、①主に日本人の海外旅行向けのサービスを提供する「海外旅行部門」、②訪日旅行者向けのサービスを提供する「インバウンド部門」、③グローバルな旅行者向けに世界各地のサービスを提供する「グローバル部門」となっており、この3部門と「システム開発」を加えて形成されております。

 

国内及び海外の現地体験ツアー商品を提供

ベルトラグループの運営する「VELTRA」は、日本語、英語、中国語(簡体字及び繁体字)、韓国語の4言語に対応したウエブサイトを展開しています。

 

「VELTRA」は、国内及び正解145ヵ国、約5,000社の催行会社と直接契約し、観光ツアー、文化体験、グルメツアー、ショー・エンターテイメント、美術館・博物館、クルーズ、レストラン、スパ・エステ、ゴルフ、マリーンスポーツなど幅広いラインナップで提供しております。

 

主力である日本語サイトを運営している海外旅行部門では1万3千点以上の商品を提供し、全言語3万点以上の商品を掲載しております。

 

 

     ベルトラ(7048)の情報・業績

ベルトラ(7048)のIPO上場規模は、最大で12.9億円であり、マザーズの中ではやや小型案件となります。小型案件であればあるほど、初値リターンはよいです。

 

オファリング・レシオ:12.8%と低めです。(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●主な株主とロックアップ状況

株主名 保有割合 ロックアップ
Paxalan S.a.r.l. 35.11%
齋藤 精良 15.25%
株式会社プレンティー 13.49%
永島 徹三 11.70%
二木 渉 7.62%
澁谷 剛 5.12%
SBI Ventures Two株式会社 3.90%
萬年 良子 1.83%
倉上 智晴 0.82%
マルタスインベントメント1号投資事業有限責任組合 0.72%

 

●ベルトラの業績

回次 第24期 第25期 第26期 第27期 第28期
決算年月 平成25年12月 平成26年12月 平成27年12月 平成28年12月 平成29年12月
売上高(千円) 775,250 1,095,411 1,583,533 1,896,699 2,457,054
経常利益又は経常損失(千円) 200,552 388,461 400,514 -9,604 25,367
当期純利益又は当期損失(千円) 181,232 326,141 227,415 -608,261 -186,836
資本金(千円) 173,500 173,500 73,500 73,500 176,070
発行済株式数普通株式

A種株式

2,385

23

2,385

23

2,385

23

24

266,100

純資産額(千円) 637,606 963,748 1,191,163 337,427 355,583
総資産額(千円) 1,521,943 2,166,700 2,859,820 3,344,087 3,357,309
1株当たり純資産(円) 31,880,342.80 48,187,441.75 59,558,196.75 14.06 13.36
1株当たり配当額
1株当たり純利益又は純損失金額(円) 316,488.18 16,307,098.95 11,370,755.00 -21.25 -7.78
自己資本比率(%) 41.9 44.5 41.7 10.1 10.6
自己資本利益率(%) 28.4 33.8 19.1
株価収益率(%)
配当性向(%)
営業活動CF(千円)
投資活動CF(千円)
財務活動CF(千円)
現金等残高(千円)
従業員数(名) 39 53 65 101 137

 

●取り扱い証券会社

主幹事:野村證券

SBI証券・松井証券・みずほ証券・マネックス証券・SMBC日興証券

 

 

     ベルトラ(7048)IPOのまとめ

事業内容は、海外・国内の現地体験型オプショナルツアー専門のオンライン予約サイトの運営となり、新規性はないもののIPO的な人気は高い業種です。

 

IPOの資金用途は、設備資金(基幹システムの開発・改良)、運転資金(プロモーション費用、人材採用、育成)に充当する予定です。

 

上位株主にはベンチャーキャピタルはあるものの、満遍なくロックアップがかかっている状況です。

 

業績面では、売り上げ高は順調で、上場規模は12.9億円で東証マザーズとしてはやや小型ですが、オファリング・レシオは12.8%(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)と低めになっていますので、IPOの初値の期待値は高いです。

 

懸念事項は、過密日程とリンク・レオスキャピタルとの3社同時上場となるので、資金が分散するのがマイナスポイントです。

 

管理人としては、しっかりと狙っていきたい案件です。

 

管理人の本気度

B

 

A:絶対ほしい

B:まあまあ欲しい

C:見送り

ベルトラ(7048)IPO情報のおさらい

●ブックビルディング:12/6(木)~12/12(水)

 

●上場日:12/25(火)

 

●想定価格:360円

 

●市場:東証マザーズ

 

●IPO規模:最大約12.9億円で、マザーズとしてはやや小型案件

 

●オファリング・レシオ:12.8%と低め

(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●取り扱い証券会社

野村證券(主幹事)・SBI証券・松井証券・みずほ証券・マネックス証券・SMBC日興証券