6月は高額リターンが狙えるIPO案件が続々と登場してきます。

 

管理人を含め投資初心者は、日々の個別株でうまくいってない場合は、IPOで一気に負け分を取り戻せるチャンスです。

 

まだIPO投資をしたことがない方は是非チャレンジしてみてください。

 

海外情勢が不安定な中でも、IPO投資は高確率で利益を出せる投資手法です。

 

IPO投資に興味があり、始めてみたい方はコチラもお読みください。

 

さて、今回ご紹介するIPOは、コーア商事ホールディングス株式会社(9273)です。

 

コーア商事ホールディングス株式会社(9273)は、東証2部の上場予定で、想定価格は2,590円です。

 

ブックビルディング期間は6月5日(火)~6月11日(月)で、上場日は6月21日(木)となります。

 

 

     コーア商事ホールディングス株式会社(9273)はどんな会社?

コーア商事ホールディングス株式会社と子会社4社(コーア商事株式会社・コーアイセイ株式会社・コーアバイオテックベイ株式会社・コーア製薬株式会社)で構成されており、原薬の仕入販売、製剤(医療用医薬品・一般用医薬品)の製剤販売及び仕入販売、製剤に係る製造受託を主な事業としています。

 

 

     コーア商事ホールディングスの具体的な事業内容

 

原薬販売事業

グループ設立以来、「ジェネリックのベストパートナー」となるために顧客が安心して使用できる付加価値の高い、高品質で安価な輸入原薬を安定して供給してきました。

 

医薬品(新薬)の開発において、医薬品原料となる原薬の製造工程等については、当該医薬品の特許等とも密接に係るため、大手新薬メーカーにおいて、特に、特許期間中は、当該医薬品の原薬の生産について、基本的に大手新薬メーカー及びグループ会社等において、生産を行うのが一般的である一方、ジェネリック医薬品については、特許が切れていること、ジェネリックメーカー(ジェネリック医薬品の製造販売)として、幅広いジェネリック医薬品を効率的に取り揃える必要等から、原薬を自社で製造せず、他社から購入することが一般的であると当社ブループは考えています。

 

このような医薬品業界の原薬に対する方針により、当社グループはジェネリックメーカーを中心に原薬を供給しています。

 

また、近年、わが国においては、高齢化社会の進展に伴い、国民医療費は長期にわたり増加傾向にあり、医療費を抑制するための政府の重要施策としてジェネリック医薬品の使用促進が行われています。

 

このような状況によりジェネリック医薬品市場が拡大傾向にあると、コーアホールディングスグループは考えています。

 

コーアホールディングスグループの強みとして主にジェネリック医薬品の原薬の輸入、販売を行っている商社でありながら、自社で分析機能を有しており、既に取引をさせて頂いている商品を安定的に提供することはもとより、顧客の研究開発段階からの提案・支援活動を実施しています。

 

具体的には新規販売品目に関しての市場性の調査、新規販売品目に関する規格の立案及びコンセプト作成、並びに新規販売品目の選定業務を行っています。

 

また、採用が決定した新規開発品目については、社内各部署で協力して承認を獲得する必要がありますので、開発スケジュールや品目情報を一元化して管理し、上方の共有化を図っています。

 

さらには原薬の新たな合成法や精製法を検討し、原薬メーカーに対して品質改善の提案や新規製法の技術提供を行い、高品質で安価な原薬を安定的に提供するための技術的なサポート業務を行っています。

 

 

医薬品製造販売事業

国内大手メーカー等からの製造受託を積極的に行っており、またジェネリック医薬品市場の拡大に対応するため、ジェネリック医薬品の開発・製造も行っています。

 

コーア商事ホールディングスグループでは、日本国内のGMP(医薬品の製造管理及び品質の管理に関する基準)の要求する基準を充足し、医薬品の製造において最も重要視される品質管理能力を高めることで顧客からの信頼を獲得するとともに、高度な技術と投資が必要な高薬理活性注射剤の生産設備を保有することで、当社グループ独自の分野の製造受託を行ことが可能になっています。

 

 

     コーア商事ホールディングス株式会社(9273)の情報・業績

SIGのIPO規模は、最大で11.7億円であり、東証2部としてはやや小型案件となり。

 

小型案件であればあるほど、初値リターンはよいです。

 

●主な株主とロックアップ状況

株主名 保有割合 ロックアップ
首藤 利幸 71.11%
堀江 淳子 6.34%
岡澤 紘一 4.70%
石綿 聡明 2.98%
小角 真理 2.15%
増井 正樹 1.32%
大塚 里津子 1.30%
池田 慎也 1.19%
大澤 仁生 0.91%
小松 美代子 0.71%

 

 

●コーア商事ホールディングス株式会社の業績

回次 第1期 第2期 第3期
決算年月 平成27年6月 平成28年6月 平成29年6月
売上高(千円) 131,391 352,225 500,813
経常利益又は経常損失(千円) 95,253 58,849 129,964
当期純利益又は当期損失(千円) 60,834 13,171 118,711
資本金(千円) 300,000 300,000 300,000
普通株式(株) 828,520 624,333 624,333
純資産額(千円) 9,104,521 9,073,857 9,145,743
総資産額(千円) 9,174,521 9,214,982 9,843,398
1株当たり純資(円) 14,582.80 2,906.74 2,929.76
1株当たり配当額 70.00 75.00 75.00
1株当たり純利益又は損失金額(円) 77.31 4.22 38.03
自己資本比率(%) 99.23 98.47 92.91
自己資本利益率(%) 0.66 0.14 1.30
株価収益率(%)
配当性向(%) 90.54 355.45 39.44
営業活動によキャッシュフロー(千円)
投資活動によキャッシュフロー(千円)
財務活動によキャッシュフロー(千円)
現金及び現金同等物の末期残高(千円)
従業員数(人) 2 18 17

 

 

●取り扱い証券会社

主幹事:三菱UFJモルガン・スタンレー証券

SBI証券

みずほ証券

いちよし証券

カブドットコム証券

 

 

     コーア商事ホールディングス株式会社(9273)IPOのまとめ

 

上場規模は、約11.7億円というやや小型案件ですが、事業としては、製剤の販売製造及び仕入販売、製剤に係る受託ということで、IPOにおける人気はあまり高くありません。

 

ベンチャーキャピタルもなく、ロックアップもしっかりかかっています。

 

割安感はありますが、業績は微妙ですね。

 

IPO案件としては、過去の結果からこのような銘柄は初値が大幅に高値をつけることはありません。

 

また、上場日の6/21はZUU(4387)やSIG(4386)も同日に上場となり、こちらはかなり人気がでそうな銘柄となるため、コーア商事ホールディングス株式会社(9273)に資金が集まりづらい状況ではないかと考えます。

 

人気がなければ初値の値上がりは期待できませんが、ブックビルディングには当選しやすそうな感じもするので考えどころだと思います。

 

資金に余裕のある方は、3銘柄同時にブックビルディングを申し込んでみてもよいと思いますが、資金が限られている方は、十分に検討してからブックビルディングに申し込む銘柄を絞る必要があります。

 

管理人の本気度

C

 

A:絶対ほしい

B:まあまあ欲しい

C:見送り

 

コーア商事ホールディングスIPO情報のおさらい

●ブックビルディング:6月5日(火)~6月11日(月)

 

●上場日:6/21(木)

 

●想定価格:2,590円

 

●市場:東証2部

 

●IPO規模:約11.7億円のやや小型案件

 

●オファリング・レシオ:12.9%

(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●取り扱い証券会社

三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事)

SBI証券

みずほ証券

いちよし証券

カブドットコム証券

 

 

  2018年IPOの損益一覧

 

IPO銘柄 公募価格 初値 期待度 騰落率 損益
CREロジシティックスファンド投資法人 110,000 104,500 C -5.0% -5,500円
ザイマックス・リート投資法人 105,000 104,000 C -1.0% -1,000円
Mマート 1,240 5,380 A +333.9% +414,000円
ジェイテックコーポレーション 2,250 9,700 A +331.1% +745,000円
SERIOホールディングス 1,780 4,100 B +130.3% +232,000円
日総工産 3,250 4,020 C +23.7% +77,000円
神戸天然物化学 2,340 3,665 C +56.6% +132,500円
フェイスネットワーク 1,400 3,200 B +128.6% +180,000円
共和コーポレーション 1,590 2,511 C +57.9% +92,100円
信和 1,150 1,106 C -3.8% -4,400円
SOU 3,300 4,100 C +24,2% +80,000円
ファイバーゲート 1,050 2,388 A +127.4% +133,800円
キュービーネットHD 2,250 2,115 C -6.0% -13,500円
RPAホールディングスス 3,570 14,280 A +300.0% +1,071,000円
アジャイルメディア・ネットワーク 3,000 15,470 A +415.7% +1,247,000円
和心 1,700 4,555 A +167.9% +286,500円
アズ企画設計 2,160 4,705 A +117.8% +254,500円
日本リビング保証 1,760 5,100 A +189.8% +334,000円
ブティックス 1,350 3,210 B +137.8% +186,000円
ビープラッツ 2,200 10,000 A +354.5% +780,000円
ヒューマン・アソシエイツHD 1,170 3,600 A +207.7% +243,000円
コンヴァノ 930 2,189 B +135.4% +125,900円
HEROZ 4,500 49,000 A +988.9% +4,450,000円
アイペット損害保険 2,850 4,500 B +57.9% +165,000円
ベストワンドットコム 4,330 14,830 A +242.5%
+1,050,000円
エヌリンクス 1,810 3,780 A +108.8%
+197,000円
ラクスル 1,500 C
メルカリ B
ログリー A
SIG A
ZUU A
ライトアップ B
コーア商事ホールディングス C
国際紙パルプ商事 C
プロパティデータバンク A
エーアイ A
アイ・ピー・エス B
スプリックス C