こんにちは。戦国おやじです。

 

世の中、大変なことになっています。

 

コロナウイルスの猛威が止まりません。

 

ついに日本も全国の学校が休校という突然の措置となり、管理人の地域では、33日より休校となりました。

 

管理人の地域では、32日に登校し、休耕期間中の過ごし方の説明があり、課題も一応出されました。

 

しかし、先生も慌てて準備したのか、課題の内容がかなりお粗末で、中途半端なものでした。

 

漢字のプリントが数枚(一から十など1年生初期に習った漢字)と計算問題(なぜか引き算のみ)数枚と何番目の問題プリントです。

 

しかも、同じ内容のプリントが渡されていました。

 

突然のことで、相当バタバタしたため仕方がないことだと思います。

 

管理人の息子は、2日程度でわる宿題の量だったので、ラッキーみたいな感じでいます。

 

このままでは、休み期間中、管理人と取り組んでいる夜の家庭学習のみとなってしまうため、日中の過ごし方を考えなければいけません。

 

基本的に、外出を控えるように求めれているので、家で朝から妻と過ごすことになるのですが、妻と息子が喧嘩せずに過ごせるか心配です(長時間、やんちゃな息子と一緒だと妻もストレスでイライラするのは予測できます)。

 

しかし、そこは妻にふんばってもらうしかありません。

 

一方、息子の学習管理は、管理人にまかされているので、この臨時休校期間中の学習計画を立てなければいけません。

 

学校の授業と同じように勉強するのは無理なので、午前中せめて30分でも1時間でも学習するよう計画を立てることにしました。

 

内容は教科書レベルの1年生の総復習をしていき、理解があやふやな部分があれば、夜の管理人との家庭学習の取り組みで、問題解決していくことにしていきます。

 

そこで1年生の総復習に適した教材はないか調べていたのですが、何と、この臨時休校の措置に対し、通信学習教材メーカーが無料で学習教材を提供しているではないですか。

 

いやーありがいたいです。

 

さっそく、利用させてもらうことにします。

 

皆さんにも是非、利用してもらえればと思いますので、URLをまとめておきます。

 

学習支援サービスまとめ

 

 本当にありがたい支援です。

 

管理人は基本的に紙媒体で学習していますが、上記以外でも、映像授業・タブレット学習など色々ありますので、是非、調べてみてください。

 

まとめ

臨時休校という前代未聞の事態に陥っていますが、逆に子供とじっくり向き合える貴重な時間なのかもしれません。

 

学習習慣ができていないお子さんは、これを機にしっかりと学習習慣をつけたり、苦手単元や苦手科目があるお子さんは、時間をかけてじっくり苦手克服をしたり、中学受験を控えているお子さんは、一気に力をつける期間だったりします。

 

各家庭で、この貴重な時間を有効に使って、できるだけ子供に寄り添い、この難局を乗り越えていきたいものです。