勉強が苦手な息子が実際に使用したドリルや問題集の感想を書いています。

 

管理人の息子と同じように勉強が苦手なお子さんのお役に立てばと思います。

 

取り組んだ時期:12月~3月

レベル:標準レベル

 

図形が壊滅的だった息子が取り組んだ図形問題集に「こぐま会のひとりでとっくん」シリーズ」です。

 

幼児用のドリルですが、実によくできています。

 

小学校受験で使用するドリルとなっていますが、勉強が苦手な小1・小2でも十分つかえる内容です。

 

息子の苦手分野の一つに線対称があります。

 

どうもイメージができないため、色々な線対称のパターンをこぐま会のドリルで訓練しました。

 

わからないものは、実際に折り紙なのどを使ってやってみるといいと思います。

 

とにかく学校の授業だけでは、図形に触れることが少ないので、図形に特化したドリルを探していましたが、小学校受験用のドリルが役に立つとは盲点でした。

 

その他、図形の基本である点描写のドリルにも取り組みました。

 

幼児用というのもあり、線をつなげると動物やキャラクターになったり、遊び的要素もふくまれており、息子も楽しんでいました。

 

中には、線をつなぐとトトロ的?なキャラになったり(いいのでしょうか?)するものもありましたよ。

 

欠点を言うと、表紙に対象年齢が書いているので、変にプライドの高い息子がみてしまうと「赤ちゃん用でしょ」といって、取り組まないので、対象年齢は隠しました。

 

自分はもうお兄ちゃんなんだというプライドがあるようなので、取り組ませるときは注意していください。

 

こぐま会のひとりでとっくんシリーズはたくさん出版されていますので、幼児用とあなどらず、一度、書店なので目を通してはどうでしょうか?