今回紹介する教材は、Z会のグレードアップ問題集小2国語読解です。

取り組んだ時期:6月~7月 

レベル:教科書+αレベル

 

 

Z会のグレードアップ問題集は1年生時に続き、2年生でも使用しました。

 

息子にとっては教科書+αのグレードアップ問題集がスムーズにできることがその学年の学習到達目標となります。

 

グードアップ国語読解は、物語・説明文・詩・色々な文の構成となっており、ジャンルごとに固まって出題されている訳ではなく、バランスよく分散されて出題されているところが気に入っています。

 

問題集の前半(20回前後)と後半(20回以降)では、若干、後半の方が難しいように感じます。

 

概ね、小2が取り組める内容の文章や設問になっていますが、時々、難しい言葉も含まれており息子から言葉の意味の質問がありました。

グレードアップの読解は、ただ答えを抜き出すというより、しっかり読んで内容を理解し、じっくり考えて設問に答えるようになっているので、この1冊が終わるころにはかなり力がついているはずです。

 

また、時々「読んでみよう」という設問などは一切ない、読み物としての回もあるので、音読の宿題などに取り入れて読書してみるのもいいと思います。

 

息子は1年生の時にもグレードアップに取り組んでいるので、どれくらいのレベルの内容かということは何となく意識しているようです(グレードアップが全問正解の時は、ちょっと気持ちよさそうです)。

 

勉強が苦手なお子さんで2年生になって初めて読解ドリルや問題集に取り組む場合は、グレードアップ以外から始めた方が嫌がらずに開始できると思います。

 

グレードアップ問題集はある程度、読解問題に慣れた2学期あたりに取り組んでもよいと思いますよ。

 

勉強が苦手な子供でも、教科書+αのZ会グレードアップ問題集は取り組めるような内容となっています。

 

この問題集ができればその学年の国語力はしっかりついてると思って間違いないので、各学年のどこかの時期で取り組んでみてください。

 

少し難しいようであれば進級した春休みあたりから取り組むのもよいかと思います。

 

分量は42回分の構成となっているので、2ヵ月もあれば終われます。

 

 

小2で取り組んだ方がよい国語ドリル・問題集まとめ