こんちにわ。戦国おやじです。

 

夏休み満喫企画第10弾は、横浜で開催されていたトミカ博IN横浜に行ってきました。

 

息子は小1ですが、未だにトミカのミニカーが大好きなので、トミカ博は、楽しみにしていました。

 

静岡で開催されたトミカ博には行ったことがありましたが、大都会のトミカ博は初めてです。

 

何か違うのかなー?と思いましたが、結論は、ほぼ同じ内容でした。

 

逆に言うと、地方都市でも大都市でも同じ内容でトミカ博を提供してくれるのは、地方都市に住んでいるものとしてはありがたいです。

 

横浜のトミカ博の混雑具合は半端ではなかったです。

 

パシフィコ横浜 展示ホールという大きな会場で開催されましたが、長蛇の列で、入場するまで1時間近くもかかりました。

 

それだけでもぐったりでしたが、会場の中もすし詰め状態で、大変です。

 

以前、静岡で開催された時も行きましたが、その時は混み合っているなーと思いましたが、そのレベルをはるかに超える混雑具合でした。「おそるべし都会!」でした。

 

正直、親としては、大都会のトミカ博は、もう懲り懲りです。

 

しかし、トミカ好きのお子様がいる方は、一度は行ってみたいと思うかもしれません。

 

先ほども述べましたが、地方都市も大都市もトミカ博の内容は、ほぼ同じ内容ですので、自分の住んでいる地域の近くでトミカ博が開催される時がありましたら、お子様のために一度、訪れて見てください。

 

子供はとっても喜びますよ。

 

さっそく、トミカ博とはどんなイベントなのか、簡単にご紹介していきます。

 

まず、入場するとトミカ博オリジナルミニカーをもらうことができます。

 

2種類のトミカが用意されており、選ぶことができます。

 

大人ももらえますので、親子で違う種類のトミカがもらうことができます。

 

トミカ博の会場は、展示ゾーン・アトラクションゾーン・ショッピングゾーンに分かれています。

 

展示ゾーン

様々な展示があり、記念写真などを撮るベストスポットです。

 

トミカならではの展示で、巨大免許証などに顔をあてはめて写真をとったり、バスなど乗って色々なボタンを押してみたり、運転席に座ってみたりするのも楽しいです。

 

息子のお気に入りは、圧巻のジオラマです。

 

細かく街を再現したトミカタウンは、大人がみても素敵だと感じます。

しかし、このセットを揃えるといったい、いくらかかるのだろうとかと思ってしまう大人な自分が嫌になっちゃいますね(笑)。

 

また、歴代のトミカを見れるのも、トミカ博の楽しみです。

 

自分が子供のころのトミカが展示されており、「お父さんはこのトミカを持っていたよ」など、子供との会話も大盛り上がり間違いないです。

 

ただ、どの展示も混み合っています。

 

バスに乗るにしろ、記念写真を撮るにしろ、かなり並びますので覚悟が必要です。

 

アトラクションゾーン

色々なアトラクションがありますが、どれも混んでいますので効率よく回りましょう。

 

1つのアトラクションで、だいたい40分から100分くらいの待ち時間があり、小さなお子様ですと待ち時間で疲れてしまいますので、アトラクションは絞って回った方がよいと思います。

 

また、アトラクションには、プレイチケットの購入が必要となりますので、トミカ博に入場したらまずは、プレイチケットを購入してください。

 

トミカ組立工場

自分のお気に入りの車種・色を選び、自分だけのトミカが完成します。

 

車種や色を選ぶだけで、プレスなどは職員の方がしてくれます。

 

実際には、トミカが完成するまでの工程を見学するといった感じですが、子供は、自分が選んだ車種が完成するので、とてもテンションがあがります。

 

完成したトミカはもらえます。

 

トミカ釣り

釣竿を使って、制限時間1分で何台釣れるか競います。

 

釣ったトミカの中から1台もらうことができ、さらに本日の釣り上げ最高台数を更新すると景品がもらえます。

 

トミカ絵合わせ・トミカあみだ・トミカルーレット・トミカマッチング

 

絵合わせやルーレットなど、それぞれのアトラクションのルールで大当たりになると、トミカ博オリジナルトミカなどがもらえます。

 

はずれてもトミカがもらえますのでご安心ください。

 

息子は、トミカルーレットに参加しましたが、ハズレとなりました。しかし、ハズレのトミカが日産シーマだったので、むちゃくちゃ喜んでいました。

 

アトラクションゾーンの横では、トミカステージでイベントも行われていました。

 

休憩の意味も含め、座っていられるので、イベントを見たりするのもありだと思います。

 

ショッピングゾーン

子供のもう一つのお目当ては、このショッピングゾーンです。

 

普段、おもちゃ屋で購入できるトミカやトミカ関連のおもちゃも販売していますが、狙いは、トミカ博モデルのミニカーです。

 

トミカ博だけでしか買えないミニカーやトミカ博開催記念モデルカーなどがあります。

 

普段おもちゃ屋でトミカを購入する時は1個までですが、トミカ博の時は複数個OKなので、息子も張り切って選んでいました。

 

興奮気味でトミカの話をしている息子を見ると、親としてもうれしくなってしまいます。

 

まとめ

都会のトミカ博は、とにかく混み合っており、アトラクションの待ち時間が長すぎるという印象でした。

 

正直、都会のトミカ博はもう勘弁してほしいです。

 

管理人は、前売り券を購入し、9時半くらいには会場に着きましたが、すでに長蛇の列でした。

 

1時間ほどで入場できましたが、当日券の方も、長蛇の列に合流してくる感じだったので、前売り券を持っていても早く案内できるわけではありませんでした。

 

料金は前売り券の方が安いです。

 

結論としては、トミカ博で、すべてのアトラクションや展示をじっくり見ることは、ちょっとしんどいかなーと思います。

 

人混みで、お子様もかなり疲れるでしょうし、各アトラクションや記念撮影するのに待ち時間が長く飽きてしまいます。

 

アトラクションの待ち時間は、表示されているのを見るとだいたい40分から100分でした。

 

アトラクションも2個から3個程度に絞った方がいいと思います。

 

もし、全部回られたい場合は、朝一ではなく、午後からの方が空いている感じです。

 

我が家は3時間ほどの滞在で、終了しました。

 

せっかく横浜を訪れたので、赤レンガ倉庫周辺の観光もしたかったので早めに撤退しました。

 

息子は以前にもトミカ博に行ったことがあり内容もほぼ変わらないし、オリジナルトミカも十分買えたので納得の帰宅です。

 

トミカ博のイベントは随時、HPで更新されていますので、お近くで開催されていないかチェックしてみてください。

 

トミカのその他の情報も見ることができます。プラレールフェスティバルなどもいいですね。

URL:https://www.takaratomy.co.jp/products/tomica/info/