今回はハイレベ幼児こくご3を紹介していきます。

 

取り組んだ時期:7月・8月

レベル:基本初めて長文読解の設問にチャレンジしてみる)

 

 

中学受験のお子さんにとってはおなじみの「ハイレベ」の国語問題集です。

 

ハイレベですが「幼児用」です。

 

さすがに小学校1年生に幼児用はレベルが低すぎるのでは?と思うかもしれませんが、ハイレベ幼児こくご3は小学1年生にピッタリのレベル内容です。

 

ハイレベ幼児こくごの内容は、ほぼ文章読解のみで構成された1冊となっています。

 

巻末に1年生漢字の取り組みはありますが、それ以外は文章読解です。

 

物語・詩・日記などあらゆるジャンルの文章読解が4段階のレベルに分かれて取り組みようになっています。

息子は小1夏休みにこの問題集に取り組みました。

 

1年生にも非常に読みやすくわかりやすい題材の文章となっており、スムーズに取り組むことができました。

 

息子は「かんたん・かんたん」と言って問題に取り組んでいましたが、これ、幼児用なんですよね(笑)。

 

息子には幼児用だというのをわからせないように取り組ませました。

 

息子は変な部分でプライドが高いので、幼児用なんてわかったらへそを曲げてしまいそうです。

 

正直、受験をするようなお子さんはこの問題集を幼児期に取り組んでいるのかーと思うと圧倒されてしまいます。

 

勉強が苦手な小1が取り組むには、文章量・内容・設問ともに申し分ないです。

 

巻末の漢字問題もオーソドックスな漢字問題となっているので、1年生で習う漢字の習得が一通り終了したら、解かせみると苦手な漢字が判明しますよ。

 

 

小1で取り組んだ方がよい国語ドリル・問題集まとめ