勉強が苦手な子供は、計算も苦手ですが、特に算数の文章問題は嫌がります。

 

管理人には、小1の息子がいますが、文章題を見た瞬間に「わかんない」と言っている状況でした。

 

現在も、「わかんない」ということはありますが、入学当初に比べ、比較的試行錯誤するようになりました。

 

勉強が苦手な子供が、算数の文章問題を多少、試行錯誤にできるようになるまでの過程を書いていきたいと思います。

 

管理人は、必ずしも文章問題の正解が導き出せなくてもいいと思っています。

 

よれよりも、低学年のうちは、色々考えて、答えを導くまでの過程が重要だと思っています。

 

もちろん、正解まで導けるようになったほうがいいのですが、元々、勉強が苦手な息子にいきなりそこまで求めるのは、厳しいかと思っています。

 

勉強が苦手な子供を持つ親は、子供の到達ポイントをどこにおくか明確にしておかなければいけません。

 

「授業についていけるようにする」・「学校の算数のテストで満点を取れるような取り組みをする」・「頭を柔らかくするため、色々試行錯誤できるようにする」・「中学入試に向けた難問まで解けるようにする」など、子供のレベルや家庭環境において目指す部分は違うと思います。

 

いずれにしろ、低学年の内は、親子で勉強するケースが多いと思うので、ショートスパンでもいいので、目標は明確にし、目標に沿って学習することが大切だと思います。

 

管理人と息子の目標は、「授業についていけるようにする」が当初の目標でしたが、こちらは達成できていると思いますので、次の目標設定にステップアップしました。

 

次の目標は、「テストで満点を取る」という目標に設定し、こちらはこれからも継続していきます。

 

実際に単元テストの結果は、満点の時もありますが、90点台の時もあり、安定していません。

 

学年が上がっていくと、もっと低い点数で安定してしまう恐れもあるので、学校の単元テストは意識していきたいです。

 

テストで満点を取るという目標と並行して、「試行錯誤するような問題を解いてみる」という目標も追加設定しています。

 

管理人親子は、目標に到達したら次のステップに向かうというスタンスです。

 

親は子供のレベルを把握し、子供に合った目標設定をし、スモールステップアップしていくことが無理なく学習できるポイントだと考えています。

 

低学年から試行錯誤することは、将来の礎になる!

 

算数の文章問題などを解く上で、なぜ、答えを導くまでの過程が重要だかというと、息子は、文章問題に限らず、計算問題も含め、新しい単元の学習をした際は、すぐに「わかんない」・「答え、教えて」と言っている状況でした。

 

もちろん、ある程度、説明してもわかならい場合は、問題の解き方などのヒントを出したり、説明しますが、問題を見た瞬間に、「わからない」というのは、全く考えず、ただ単に面倒だし、難しいから考えることを拒否しているという状況なのです。

 

実際に息子に尋ねてみると、

 

管理人
「まだ、何にも手をつけずに、わからないと言ってるけど、どこがわからないの?」

 

息子
「全部」

 

管理人
「問題を読んで見た?」

 

息子
「面倒くさい」

 

とまあ、こんな感じでした。

 

初めから、考えることを拒否している状況です。

 

管理人は、このままでは、「まずいぞ」という危機感を持ったのが、家庭学習を始めた当初でした。

 

算数の文章問題が、解けないことがまずいと思ったわけではなく、考えることを嫌がっているのが「まずい」と思ったのです。

 

今のままでは、何事に対しても、ちょっと難しい局面に出会った際、試行錯誤して解決策を見出す前に、難局から逃げてしまう大人になる恐れがあることに強い危機感をもちました。

 

「たかが、算数の文章問題で、そんな大袈裟な」、と思うかもしれませんが、本来、勉強とは問題が解けることだけを目的にしているのではなく、難問に直面しても自分の持てる力をフルに発揮し、解答まで導くための思考力と努力を問われているはずです。

 

思考力は、大人になっても求められるもので、学生のうちは、学問から思考力を鍛える訓練をしているので、文章問題を考える前に諦めるということは、大人になっても必要となる思考力を鍛える訓練を諦めていることにもなります。

 

極端かもしれませんが、文章問題に取り組む=大人になった時の問題解決能力を養うだと思っています。

 

ですので、正解を導くことも重要ですが、今、できる能力(武器)で、試行錯誤しながら、誤答であっても解答まで導くことが重要だと思っています。

 

しかし、ただ単に文章問題のドリルを渡して、よく考えて解いてねと言っても、1年生は、何をどう考えていいのか、また、今自分がもっている知識(武器)をどのように駆使したらよいかなどもわからないので、そういったアドバイスをするのが親の役目だと思っています。

 

では、勉強が苦手な息子にどのようにして文章問題を取り組んでいったか、書いていきます。

 

勉強が苦手な子供の文章問題の取り組み

1計算力は必須

1年生で文章問題を解く場合は、足し算・引き算の計算力・順番(数列を120くらいまで正確に言える)・形などがわかるなど算数的な基礎が必要なのと、言葉の意味・語彙力どの国語力の基礎がなければ、文章問題を解きようがありません。

 

つまり、武器が全くない状態では、戦えないのです。

 

文章問題を解くには、1年生で習う計算がしっかりでき、言葉の意味も1年生なりに理解できるようになってから取り組み始めるのがよいかと思います。

 

計算力と国語力は算数文章問題を解くためには、絶対に必要!

 

ひねった文章問題を解く上で、計算に自信がなければ、文章を読み解くことに集中できないため、毎日、数分でもよいので計算問題に取り組み、計算には全く不安を持たないようにすることが、文章問題に取り組む一歩となります。

 

2単元ごとに文章問題を解く意味があるのか?

学校の授業では、足し算の単元であれば、計算を学び、その後、足し算を使った文章問題を解いて、その単元は終了します。

 

しかし、このやり方で、思考力が本当に鍛えられているか疑問が残ります。

 

管理人も、息子と家庭学習に取り組んだ当初は、足し算の計算について学習したら、足し算の文章問題までするようにしていましたが、息子は、足し算の単元というのがわかっているので、出てきた数字をひたすら足して解答を導いていました。

 

確かに、答えとしては正解です。

 

しかし、これでは全く意味がありません。

 

文章題に出てきた物(人物や場面など)を想像し、そこに新たに別の物が加わって・・・・というイメージを全くしておらず、機械的に出てきた数字を足しただけなのです。

 

引き算も同様です。

 

ただ単に出てきた数字を引いているだけで、何も考えていません。

 

この単元ごとに計算と文章まで1セットというオーソドックスな取り組みに、当初、管理人も何の疑問も持たずに、息子の家庭学習を進めていました。

 

しかし、ある時、「足し算・引き算の混合の文章問題」を解かせたときに、息子から「この問題は、足し算?引き算?」という質問を受け、ギョッとしました。

 

息子は、今まで、足し算や引き算の文章を読んで解答まで導いたわけではなく、足し算の単元だから、出てきた数字を足していただけなのかというのが初めてわかりました。

 

何となく、計算も文章問題もできていたので、理解しているのかなーと思っていましたが、そうではなかったんです。

 

学校の授業の進め方に、何も文句はありませんが、息子のようなケースも多いのではないかと思います。

 

よく考えると当たり前ですが、1年生の算数や国語の武器(知識)なんてたかが知れている段階で、文章問題に取り組ませても、よくわかっていなくて当然なのかもしれません。

 

よく公文教室で、計算問題をドンドン先までやるというのを聞きますが、そういった理由があるのかもしれません。

 

少し先の学年まで計算ができれば、文章問題を解くための武器を持っていますので、試行錯誤しながら文章問題に取り組むことができます。

 

あまり何年も先の学習をする必要はないかもしれませんが、1年生であれば、少なくとも1年生で習う足し算(繰り上がりあり)・引き算(繰り下がりあり)ができるようになってから、文章問題を解かせた方がよいと実感しました。

 

間違った文章問題の解き方を教えてしまい反省

文章問題に取り組んだ当初は、誤った教え方をしていました。

 

学校のテストでよい点が取れるように、文章問題を解く際に、テクニック的なことを教えてしまったのは失敗だったと反省しています。

 

それは、文章問題で間違いやすいのは、引き算の問題です。

 

引き算の問題を解く際には、キーワードがあり、そのキーワードを見れば、この問題は引き算のなのか、足し算なのか、学校レベルの問題であれば解けてしまいます。

 

ちなみにキーワードは、「かずのちがい」・「のこりはいくつ」・「○より小さいかず」・「どちらがなんこおおい」というキーワードが入っていれば、この文章問題は「引き算」のことがが問われていることがわかります。

 

息子にこのキーワードを教えてしまったため、文章を読みキーワードを発見し、引き算の式を立て、解答を導くという作業をしていまい、全く試行錯誤しなくなってしまいました。

 

学校のテストはよい点を取ってほしいですが、テクニック的なことを教えるより、考え方を教えることが重要です。

 

実は、このキーワードも学校レベルの簡単な文章問題などでは通用しますが、少し難しいひねりがある問題ですと、通用しなくなります。実際に難しいレベルの問題集を見てみるとわかると思います。

 

そこで、低学年のうちは、文章問題を理解し解けているか判断する基準は、図や絵で表現して問題を解くことが重要だと実感しました。

 

文章問題で立式できても、実は文章の内容を理解できていないケースがありますが、図や絵で表現するには、文章内容を理解しなければ表現することはできません。

 

また、文章問題の答えを見直す際も、図と式が一致していなければ不正解です。

 

図と式が一致していない場合は、答えが違う可能性があるので、もう1回見直すという癖づけにもなります。

 

ただ、文章から図や絵を表現するというのは、勉強が苦手な子供にとっては、かなり難しいです。

 

図や絵で表現するには、ある程度、訓練が必要となります。

 

どんなに簡単な文章問題でも、図や絵で表現するように、コツコツ努力するしかありません。

 

息子が実際に使用した文章問題を図や絵で訓練する問題集にかもがわ出版の「文章イメージトレーニングワークシート1足し算・ひき算」という問題集があります。

 

この問題集は、文章問題自体は非常に簡単な内容ですが、文章を絵で表現する訓練には最適な問題集です。

 

初めは、図から問題文を作る訓練をし、次に問題文から図を描く訓練を延々と単元ごとにしていきます。

 

この手の問題集が中々なかったので、ありがたいです。

 

子供のレベルに合った問題集を解かせる

管理人の息子も含め、勉強が苦手な子供は、文章の長さや文字の大きさなど、見た目で拒否反応を示す場合もあります。

 

難しい文章問題になればなるほど、可愛い絵がなかったり、文字も小さくなってきたりするので、まずは、とっつきやすい文章問題から取り組むのがいいと思います。

 

ドリルでも問題集でも、通信でもいいと思います。

 

管理人は、「ちびむすドリル」や「ぷりんときっず」などのネットの無料プリントを使用させてもらいました。

 

こちらは、カラフルで文字も大きく、文章問題に挿絵もあり、息子にとっては、嫌悪感を抱かずに文章の内容を読み込むことができました。

 

レベル的には、基礎をしっかりおさえたレベルなので、まずは、文章問題に慣れるということでは十分使える教材だと思います。

 

教科書ワークも使用しましたが、単元ごとになっているので、今やっている単元が子供にわかってしまうと、あまり考えずに、出てきた数字を機械的に足したり・引いたりするので、教科書ワークで文章問題に取り組むのはあまりお勧めしません。

 

「ちびむすドリル」や「ぷりんときっず」で、ある程度、算数の文章問題とはどういうものかわかってきたら、同じくネットの無料プリントで「小学生算数問題・算数プリント」・「算願」がおすすめです。

 

こちらは、文字は少し小さくなり、白黒で挿絵もあまりかわいくありませんが、引き算・足し算が混合になった問題が数多く提供されています。

 

息子もかなり利用させてもらい、難易度的にも、ちょうどよいレベルになっています。

 

夏休み終了までは、ネット系の無料プリントで文章問題に取り組みましたが、だんだんできるようになってくると、文章問題に少しひねりがないと、試行錯誤しなくても解けるようになってきます。

 

そこで、文章問題のレベルアップし、少しひねりが入り、試行錯誤しなければ解けない問題に取り組み始めました。

 

計算と図形を考える問題集としては、「Z会のグレードアップ問題集 計算と図形」を使用し、文章問題には、「サイパー思考力算数練習帳シリーズ1文章題たし算・ひき算」を利用しています。

 

少しひねった問題集

 

試行錯誤するには、文章問題だけでなく、計算や図形問題も試行錯誤してほしいと思い、Z会のグレードアップ問題集を選びました。

 

さすがZ会で良問が多いです。

 

難易度的には、勉強が苦手な息子でも基礎がしっかりできていれば取り組めます。

 

自力で正解できる問題・ヒントを出して解ける問題・手も足も出ない問題など、息子にとっては、試行錯誤しなければ解けないレベルの問題で、大変よいと思っています。

 

問題を問いていくと、理解が不十分な単元も見つかり、あやふやな単元は、もう一度基礎を見直すきっかけにもなり助かります。


 

サイパーは、文章問題オンリーですが、文章は短めです。

 

出題傾向は、同じ単元を問い方を変えて、何度も繰り返し解くようになっています。

 

少しひねった問い方をすることもあり、初めは苦戦しても、繰り返して問われるので、その単元が終わるころには、自力で解けるようになっています。

 

サイパーの欠点は、問題文の後に、図が表示されているので、自分で図を描いてから解く練習になりません。

 

そこで、息子には、太い付箋を貼って解かせています。

 

最後に丸つけするときは、図も見せて、息子が描いた図とサイパーに描かれている図を比較していきます。

 

図や絵がしっかり描くことができれば、その文章問題の本質を理解しているということになります。

 

とにかく、算数の文章問題を解くときは、図や絵で描いてから式をたてるように訓練することがとても重要だと考えています。

 

まとめ

管理人は、文章問題を解かせる訓練を色々と間違ったり、寄り道をしながらでしたので、このブログを読んでいる方には、無駄なく文章問題に取り組めるようにポイントをまとめました。

 

勉強が苦手な子供が算数文章問題取り組むポイント

●文章問題に取り組前に、1年生で習う四則計算はスムーズにできるように特訓する

●ある程度、語彙力・言葉の決まりなどの国語力を身につける

●初めは、文字が大きく、挿絵もあり、ひねった文章ではない文章問題をたくさん解かせる

●慣れてきたら文章に出てくるキーワードのみで解ける文章問題ではなく、少しひねりが入った文章問題をたくさん解かせる

●文章問題を絵や図で表現できるように訓練をする

 

ここまでやり遂げることができれば、正解を導くことはできないかもしれませんが、試行錯誤するという癖はついているはずです。

 

管理人の息子も現在進行形で取り組んでいます。

 

勉強が苦手な管理人の息子も、少しずつ試行錯誤するようになってきており、力がついてきているように感じます。

 

試行錯誤する癖は、早めに訓練する方がよいと思います。

 

高学年になってくると、算数や国語さらには、理科・社会まで文章読解力が問われることになります。

 

低学年の内に試行錯誤する癖がついていないと、高学年から親に言われて試行錯誤の訓練をするというのは、反抗期とも重なり難しいこともあります。

 

今のうちから、考える癖と文章読解に必要な国語力を養っていく必要があると思います。

 

管理人の息子には、毎日数問でも必ず文章問題を解かせています。

 

その際は、図や絵を描きながら問題を解くようにしています。

 

また、算数だけではなく、すべての科目で重要となる読解力を高めるために国語の長文読解にも取り組んでいますので、それについての記事も読んでてみてください。

 

息子は、決して地頭がいい方ではなく、どちらというと勉強が苦手なタイプの子供です。

 

それは親である管理人が見ていてよくわかります。

 

子供自身は勉強が苦手だという意識はないと思います(そのように仕向けているので)。

 

子供自身が勉強に苦手意識を持つようなネガティブ発言は絶対にしてはいけません。

 

しかし、子供のレベルや実力はしっかり把握する必要があり、その子供に合った学習法で家庭学習に取り組んでいかなければなりません。

 

ネットなどの情報も重要ですが、巷で紹介されているブログなどの内容は、出来のいいお子さんのお話のケースが多く、管理人の息子にとって実力が離れすぎてあまり参考になりません。

 

皆さんの中にも、優秀なお子さんのブログ記事などを読んで、自分の子供と比較していしまい、焦ってしまったことはないでしょうか?

 

しかし、何も焦る必要はありません。

 

自分の子供のことをしっかり見つめ、少しづつでもできるようになっていることに目を向けましょう。

 

勉強が苦手な子供だって、毎日コツコツ努力したら、できるようになってくるはずです。

 

管理人は、そう信じて日々、息子と家庭学習に取り組んでいます。

 

子供は一番そばにいる親に褒めてもらいたいものです。

 

今は、文章問題で正解に導びけなくても、一生懸命に試行錯誤したことをいっぱい褒めてあげましょう。