勉強が苦手な息子が実際に使用したドリルや問題集の感想を書いています。

 

管理人の息子と同じように勉強が苦手なお子さんのお役に立てばと思います。

 

取り組んだ時期:1月・2月

レベル:標準(文章しっかり理解し、設問を考察しながら解いてみる)

 

 

教科書+α学習の定番Z会グレードアップ問題集です。

 

算数でもお世話になったグレードアップ問題集ですが、国語の読解も取り組みました。

 

算数は教科書+αの内容で勉強が苦手な息子がいきなり取り組めるレベルではなく、色々なドリルや問題集に取り組み、少しずつステップアップした段階でグレードアップ問題集に取り組みました。

 

国語の読解も教科書+αのレベルだと取り組む前から勝手に思っており、1月・2月に取り組み始めましたが、内容は教科書+αではありませんでした。

 

文章の内容・設問ともに標準レベルだったので、もっと早い時期に取り組んでも全然、問題なかったです。

 

算数と比べると簡単に感じますが、そこにZ会の意図があるのかわかりませんが、国語の読解はそれほど難しくありません。

 

かといって低質な内容だったり、設問だったりという訳ではなく、非常に良問揃いなのはさすがZ会です。

 

ジャンルも幅広く取り扱っており、記述させる問題もたくさんあります。

これ1冊で国語の力はかなりつくと思います。

 

Z会というだけでビビらずに、もっと早めに内容を確認しておけばよかったです。

 

2年生からは、グレードアップ国語読解に関しては、早めの時期に取り組もうと思っています。

 

四谷大塚のはなまるリトルもそうですが、算数に比べ国語は比較的取り組みやすいレベルとなっているので、勉強が苦手なお子さんも良問にどんどん触れて見るとよいと思います。