勉強が苦手な息子が実際に使用したドリルや問題集の感想を書いています。

 

管理人の息子と同じように勉強が苦手なお子さんのお役に少しでも立てばと思います。

 

取り組んだ時期:10月~12月

レベル:教科書+α

 

Z会のグレードアップ問題集シリーズの計算・図形ですが、メチャクチャいいです。

 

グレードアップ算数の問題集は文章題に注目が集まりやすいですが、さすがZ会です。

 

計算問題も図形問題も良問揃いで、教科書レベル+αをしっかり反映した内容となっています。

 

単純にたし算・ひき算の問題だけではなく、虫食い問題など、子供が苦手とする問題も多種多様に出題されています。

 

図形問題に触れる機会が少ない低学年ですが、グレードアップ問題集ではしっかりと良問を解くようになっています。

 

教科書+αのレベルですので、勉強が苦手な子供は、始める時期を間違うと、勉強嫌いになってしまいます。

 

息子は、1年生の予習がすべて終わった2学期後半より取り組みました。

 

グレードアップ文章題に比べると、かなりスムーズに取り組むことができ、2回目の取り組み時では、ほぼすべて解けるようになっていました。

 

ちなみに文章題は4回繰り返しました。

 

息子はグレードアップ問題集は文章題も計算・図形もすべて正解できるまで繰り返すことにしていました。

 

まずは、教科書レベルのたし算・ひき算の問題をしっかり解けるようになったら、グレードアップ問題集の計算・図形に取り組むとスムーズだと思います。

 

基礎があっての教科書+αです。

 

グレードアップ問題集は、計算問題集として見た場合、計算量は非常に少ないと思いますので、計算訓練は別のドリルやネットプリントも併用して量を補う必要があります。

 

計算問題も、単純作業の計算問題ばかりではなく、グレードアップ問題集で扱われているような考える問題もあるんだなーということを知りました。

 

教科書レベルの問題ばかり解いていると、あまり出会わない良問がグレードアップ問題集ではたくさん出題されているので、是非チャレンジしてみてください。