こんにちは。戦国おやじです。

 

家庭学習で10までの数字の引き算文章問題に取り組んでいるのですが、これが中々あなどれません。

 

大人からすると特に難しいことはありませんが(当たり前)、子供にとっては非常に難解のようです。

 

引き算自体が難しいということではなく、問題文章の意味がわからないようです。

 

なので文章問題を読んでも引き算なのか足し算なのかさっぱり理解できないようです。

 

ただの計算問題の10までの引き算は問題なくできるレベルですが、文章問題になるとさっぱりできません。

 

家庭学習をしていて初めての壁にぶち当たりました。

 

まだ、小学校がはじまったばかりなので、計算問題などは学校では習っていませんが、いずれこの引き算文章問題になった時に壁にぶつかり、授業がわからなくなってしまいそうです。

 

そこで、どのようなことでつまづいているの分析する必要があると思い、記事にしてみました。

 

小学1年生のお子さんを持つ親御様は、この文章問題は難なくクリアしているのでしょうか?

 

引き算文章問題のわからない原因

引き算の文章問題を何日かやってわかったことがあります。

 

それは、ドリルなどの引き算の問いの質問形式がいくつかのパターンがあることです。

 

息子はパターンが変わると、問いが引き算のことを聞いているのか、足し算のことを聞いているのかわからなくなるようです。

 

具体例

設問①
リンゴが10個あります。男の子が5個リンゴを食べました。残りは何個でしょうか?

この問題であれば、解けます。

 

理由は引き算ということが明確にわかるからではないかと思います。

 

設問②
子供が8人います。そのうち女の子が3人います。男の子は何人ですか?

 これは、管理人の息子は解けません。

 

そもそも足し算なのか引き算なのかもわかりません。

 

設問③
ライオンが8匹、キリンが6匹います。どちらが何匹多いですか?

 この問題にいたっては、パニックです。

 

大人にとっては簡単なことでも子供にとっては非常に難しいようです。

 

その一つに単純に残りを求めるのではなく、いくつかの要素が入っており、これを理解するには計算ができるというだけでは対応できないということがわかりました。

 

文章問題の引き算の対策

 

1積み木で視覚的に理解してもらう

②の設問:子供が8人います。そのうち女の子が3人います。男の子は何人ですか?

 

言葉の意味がわからないので、色のついた積み木で、横並びにして、そのうち女の子3人の色を変えてみます。

 

色の変わった女の子積み木を減らし、残りの積み木(男の子)はいくつ?と求めるようにしています。

 

わかったようなわかってないような反応ですが、これを繰り返すしかないと思っています。

 

③の問題:ライオンが8匹、キリンが6匹います。どちらが何匹多いですか?

 

ラインの積み木とキリンの積み木の色を分けて並列でならべ、6匹分の両方の積み木を減らし、残りの色の積み木(ライオン)は何匹?と求めるようにしています。

 

ふーんという感じですがよくわかっていないようなので、これも繰り返すしかありません。

 

積み木を使用する場合、意図的に減らしという言葉と残りという言葉を使うようにし、引き算という認識を強調しています。

 

これが効果があるか今のところわかりませんが、やるしかないと思っています。

 

2問題で使われる言葉に慣れる

「違い」・「残り」・「どちらが多い」などを使った文章問題のドリルやプリントを毎日やって慣れる!

 

積み木で根本を理解しようと思っても、中々よくわからない場合もあります。

 

であればひたすら同じような問題を解いていくしかないのではないかと思っています。

 

しかし欠点もあります。

 

テストなどは足し算・引き算の混合で出題出されパターンが変わると対応できない可能性もあるので、やはり積み木で理解させることも同時にやらなければなりません。

 

管理人が利用している算数無料ネットプリント

 

3国語力を高める

そもそも1年生では言葉の理解度が低いので、読書をすることで活字になれ、言葉の意味を理解できる想像力を養うことが重要です。

 

読書をあまりしてくれない場合は、国語の文章問題ドリルや言葉のドリルも取り入れることで、言葉の意味も多少理解できるのではないかと思います。

 

国語の文章問題を読むときは音読させてください。

 

音読させることで、理解して読んでいるのか判断できます。

 

初めは活字を追っているだけですが、1フレーズとして文章を読むことができるようになれば、だいぶ国語力がついていると判断できます。

 

算数の文章問題を解くには、計算力より文章の読解力が必要となるため、国語に力を注いでみるのもよいかと思います。

 

管理人が使用ている国語の読解力ドリル

公文の文章の読解ドリルと学研の文章読解毎日のドリルを使用しています。

2つ利用しているのは、同じような内容を繰り返してやるために2つ利用しています。

文章の音読に慣れさせるという意味では、学研の毎日のドリルの方が、物語のボリュームもあり、音読練習にもなります。

また、使用感も学研の方が使いやすいと管理人は感じています。

学研の場合、ドリルの上部に文章があり、下部に設問があるので、子供が見やすいです。

 

まとめ

文章問題の引き算は意外と奥が深く、教えるもの難しいです。

 

何かよい方法があればご連絡していただきたいです。

 

計算やひらがな・漢字は、反復練習することで補えますが、文章問題は、日本語の理解と反復練習が必要になるため、1年生前期では、一つの壁になるのではないかと思っています。

 

早い段階で、この壁に気づくことができれば、国語読解力の必要性や語彙力の必要性を感じることができたので、それに向けて対策をしていく必要があると思っています。

 

すぐに結果はでないと思いますが、国語の読解力向上と算数の文章問題の反復練習で「文章問題の引き算」に対応していこうと思っています。