勉強が苦手な小3息子が活用した算数のドリル・問題集をレベル別・ジャンル別にまとめました。

 

小3からは塾用教材(ネット通販で買えます)がメインになってきました。

 

ジャンル:小3算数塾用教材

ネットで買える塾用教材です。塾用教材の中でも家庭学習のベースメーカーになる塾用総合問題集を紹介します。

 

塾用問題集で穴が見つかれば、各ジャンルの補助ドリル・問題集を活用していくので、一番充実した問題集を選ばなければいけないジャンルが塾用総合問題集だと思います。

 

塾用教材は塾の講師が納得できる内容にしなければいけないので、市販教材に比べ充実しています。

 

特にレベル設定がはっきりしています。市販教材の欠点の一つに標準レベルの良質な教材が少ないというのがあります。

 

塾用教材はレベル設定がはっきりしているので、良質な標準レベル問題集が充実しています。もちろん中学受験レベルの教材の充実ぶりは言うまでもありません。

 

●レベル:基本レベル

 

●レベル:標準レベル

 

ジャンル:小3算数計算問題

計算はネットの無料プリントとドリル・問題集を活用しました。その中でも「算願」は問題数・種類が充実しているので助かります。

 

基本レベルは算願のみで十分だと思います。

 

●レベル:標準レベル

 

●レベル:標準+α

 

ジャンル:小3算数文章題

文章問題のドリル・問題集を選ぶポイントは目的と子供のレベルに合った問題集を選ぶことです。

 

レベルの高い文章題で思考力を養い、中学受験の準備をするのか?または、苦手分野の補習として活用するのか?

 

活用目的を明確にして選ぶことが重要です。

 

レベルが高すぎるとやる気が削げ文章題が嫌いになっていまし、簡単過ぎてもレベルアップしていきませんので問題集選びはとても重要です。

 

息子の場合は、塾用総合問題集をメインで取り組んでおり、そこで理解度が悪かったり苦手な単元にぶつかった時に補習として文章問題集やドリルを活用します。

 

苦手ジャンルの補習になるので必然的に基礎レベルの問題集を重点的に活用することになりました。

 

小3だと親が問題集を選ぶので、子供の実力を見極め適切な時期に適切なレベルの問題集を選んであげれる目を養ってください。

 

●レベル:基本レベル

 

●レベル:標準レベル

 

●レベル:標準+α

 

ジャンル:小3図形・単位

図形・単位が苦手な子が多いです。原因の一つに学校で取り扱う時間が非常に少なく、子供の理解度に関わらずあっという間に次の単元に移ってしまいます。

 

宿題などでフォローがあればいいですが、フォローも少ないようであれば家庭でしっかり学習する必要があります。

 

息子も単位換算が苦手なので繰り返し学習をしていきました。

 

図形は高校受験・大学受験でも必ず出題される重要項目です。

 

予習も含め単位換算・図形の学習時間は十分に確保してください。

 

●レベル:基本レベル

 

小3算数総合問題

小3からは算数の総合問題集は塾用教材が充実しているのでそちらをメインにし、学習のペースメーカととしています。

 

カラーテスト対策や単元の確認のために「陰山英男のテストの点数を上げるテスト」は活用しました。

 

●レベル:基本レベル

 

ジャンル:小3算数教科書準拠

教科書準拠教材は、我が家では予習教材のてっぱんです。

 

算数の単元学習のスタートは教科書ワークの予習から始まります。

 

基礎的なことを細かくな解説と例題で理解できるようになっているので、親子で予習するには最適です。

 

演習量が少ないので、他の教材で補っていく必要があります。

 

 

ジャンル:思考力系

思考力のトレーニングに役立つ教材の紹介です。

きっちりこなすというより、勉強に嫌気がさしたり長期休みなどに楽しく頭を使う学習として取り入れています。

 

 

小3で活用したすべての問題集 通販先まとめ

息子が活用したすべての教材の購入先(通販)をまとめました。

 

塾用教材


小学ウィンパス 算数3年 2020年度版


標準新演習 小3 算数【オリジナルボールペン付き】


文章題

 

 

 

 

 

 

 


 

計算

 

 


 

図形・単位

 

 


算数総合問題

 


 

教科書準拠

 


 

思考系

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう